ブログ

ホーム > ブログ >「寒冷地仕様」注文住宅、リフォーム
ブログ
「寒冷地仕様」注文住宅、リフォーム 投稿日:2018年01月11日

寒い

今季最強の寒気

毎年寒気が訪れますが

ある程度決まった時期にやってきます。

過去10cm広島で雪の積もった気象庁データーデーターを見ると

1/8~1/31

2/9~2/18

期間が多く1984年26cmが最高ということです。

といっても広島は場所によって気象が全く異なっています。

「広島」の気象データーはどこでとっているかご存知ですか?

天気予報で温度や積雪量の差を感じ

昔調べたところ、広島市上八丁堀6広島地方気象(合同庁舎の中にある庭)に設置しています。

海抜4mの場所  標高9m

弊社は海抜6m  標高8m?なのでほぼ同じ位置になります。

(多少数字が合いませんが海抜は災害災害時関係に使われるので標高を活用しています)

江波山

標高11m(観測機械は屋上にあるので17mくらい)

その場所での気象状況なのでデーターが広島によって違うのも当たり前

広島市の平野部と山間部の場所によって気温や気候が違うので

その場所場所の状況で検討する必要があります。

標高差100mで0.6℃の温度差

広島の観測所を0として標高を考えるとその地点の大体の気温が出てきます。

(風向きや建物、雲の流れで体感的に変わりますけど)

例えば

春日野 

標高177メーター 気象庁データー広島より-1℃

こころ

標高236メーター 気象庁データー広島より-1.32℃

単純に標高だけどもこれだの温度差がありあと

北風や寒気の入る方向に加味されると体感温度的にもっと冷えることになります。

広島は住宅地において街中と山間部の温度差は半端

それに風が加わると大きく変わってきます。

家づくりもその場所その場所において注意していく必要があるのです。

近年、住宅においてエアコンの室外機のようなヒートポンプユニットなどが

たくさん生まれHEMS、ZETHともにたくさん使われるようになりました。

この機械は寒い状況に弱く性能が低下することや4℃から凍結装置などが作動します。

新しい団地ならばよいですが古い団地の新築やリフォームなどでオール電化による深夜による

騒音トラブルになることがおこることがあるので注意が必要です。

機械的にエコキュートの場合

一般使用 -10℃~43℃

寒冷地仕様 -25℃~43℃になっています。

過去、気象庁広島において最低気温 1963年に-8.3 1977年-7.5 1981年-7.5

過去10年は-4℃を下回っていませんが建物の方位によっては

観測地広島で-4℃以下になる日数は10日位あるので

標高の高いところは凍結防止装置が稼働している日数が多くクレームになります。

過去エアコン、ヒートポンプなどのクレームがあった場所をみると標高100m付近の物件が多く

その場所は機械設置を注意して行う必要があります

(特に北側)

それと道路が北入り玄関先や北側浴室などは

いろいろと配慮することが必要になってきますので(マニアックですが)しっかり検討してもらい

新築やリフォームをすることをお勧めいたします。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ