ブログ

ホーム > ブログ >「カープチケット争奪戦」広島工務店 広島リフォーム 広島注文住宅
ブログ
「カープチケット争奪戦」広島工務店 広島リフォーム 広島注文住宅 投稿日:2018年03月2日

今年も来ましたカープチケット争奪戦

昨年の戦いましたが玉砕

パソコン3台

スマホ1台

セブンチケットとローソン

今年は東京の友達にお願いして向こうの

セブンで参戦をお願いし

転勤で東京に行った

息子のお友達が夏休み聖地広島で

どうしても野球が観たいという願いを叶えるために奮起しました。

今思えば、昔の広島市民球場

お客さんが少なくていつでも行けた広島市民球場

小学校の時友達のお父さんに連れて行ってもらった。

巨人戦、急に決まった話

当然チケットがない

そこで友達のお父さんが

球場正面にいたダフ屋のおっさんから

チケットを購入(当時も多分違法行為)

見かけ怖そうなダフ屋おっさんが

「3人ねぇ〜自分が行こうと思っとたけどこれはやるわ」

と言って

2枚分の金額で3枚渡してくれた(笑)

2枚分のチケットは割高だったけど

3枚をプラスしたらそっちの方が安かったので

「えんかいの!」

友達のお父さんが持っていたむさしのお弁当で御礼しようとするも

「ええよ〜子供に野球見せたいだけじゃけん!」

受け取らず去っていった。

今でも鮮明に覚えているはじめての内野席

ほぼバックネット裏

選手が近くて輝いていた!

あれから36年おっさんになった。

そりゃいけん行為だけど

そこそこならば

ダフ屋のおっさんが悪いとは思わない

今はコンピューター場で売られるチケットと転売屋

顔が見えるダフ屋の方が

まだ人間味があって許せる気がする。

友達のお父さんが球場に連れっててくれて

優しいダフ屋さんに出会って

カープが好きななった(笑)

(美化するわけではないけど)

自分も息子や息子のお友達にカープが

ずっと好きでいてほしい

話は戻りますがチケット争奪戦必死になって

ダメ元でネットをするも繋がらず諦めていた。

東京の友達もネットが繋がらないとLINEで返信が入る

「やっぱダメかぁ〜」と諦めていた頃

全く野球に関心がない友達から電話が入る

「えーちゃん取れたよー!」

「これでいいんよねぇ〜!」

爽やかに写真がラインが入ってきた。

「ありがとーう!このチケットプレミアなんだよ」

と言ったら

「マジでぇ〜」

「サクサクつながるいくらでも取れるよ」

欲出てチケットを取りに入ったら

「まったく繋がらなくなった(涙)」

すごく残念がっていました。

次は彼には期待できないかもしれません(笑)

みんな頑張ってカープの応援に行く

カープ選手もその期待通りに頑張ってもらいたいですね!

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ