ブログ

ホーム > ブログ >「お風呂と雨」 広島注文住宅 広島リフォーム 広島工務店 健康住宅 
ブログ
「お風呂と雨」 広島注文住宅 広島リフォーム 広島工務店 健康住宅  投稿日:2017年12月23日

「お風呂と雨」

我が家のお風呂は寒い

子供とお風呂に入ると湯気が出る

湯気が天井に当たり水滴ができる

お風呂に入り天気の話をする

どうやって雨が降るのか?

海や川の陸の水蒸気が上空にあがってそれがまとまって雲になり雨が降る。

これが基本でもっと詳しくなると

水蒸気がまとまる原因は上空の冷たい天井(寒気)触れて水蒸気がまとまって

重さに耐えきれず落ちてくるのが雨

これが我が家のお風呂で分かりやすく説明できる。

「お風呂の白い湯気がほら!上がってるでしょ!」

「冷たい天井に触れて水滴が集まってきた」

「そろそろ落ちるよ」

「ポタっ」

「ほら!これが雨!」

「天井がもっともっと冷たいと天井に当たる前に雪に変わる」

「天気予報で上空の冷たい寒気が入って雪に変わるって意味なんだよ」

お風呂の天井が冷たい家は水滴がたまり雨ふる風呂

これは決して良い話ではない。

在来風呂でもユニットバスのお風呂でも天井にカビができる。

カビの胞子核が出来ればカビキラーでは殺せない厄介

お風呂の断熱が重要な理由はカビを軽減させること

新築時やリフォーム時にヒートショック以外に重要な事なので

お風呂の断熱化を標準で進めている理由です

和室天井に白いラインが入っているお家があると思います。

これは天井が冷たく見えない水蒸気が天井にたまり

そこに埃ややカビが発生し色が変わる現象です。

白いラインの所は天井の木下地(木のある部分は冷たくない為水蒸気がたまらない)

部屋の中で温度差が大きいほど水蒸気が天井に集まりやすくなります。

温度ムラのない部屋をつくることは見えないカビを造りにくくすることに繋がります。

アトピーとかシックハウスとかアレルギーを減らすには

自然建材どうこうよりもまず温度ムラをなくす事

これがすごく大切です!

リフォームで新しいユニットバスにして

きれいに使おうと思っても

ユニットバス全体の断熱が悪かったらすぐにカビが発生します。

手入れをしないとすぐにカビが広がりますので

ユニットバスを施工するときは断熱をすること

安いリフォーム屋さんに頼んだら高くつくので注意しましょう!!

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ