ブログ

ホーム > ブログ >「ココロもカラダも健康に暮らす広島の住まい手帳 出版記念セミナー開催」広島工務店 広島リフォーム 広島外壁塗装
ブログ
「ココロもカラダも健康に暮らす広島の住まい手帳 出版記念セミナー開催」広島工務店 広島リフォーム 広島外壁塗装 投稿日:2018年06月15日


「ココロもカラダも健康に暮らす広島の住まい手帳 出版記念セミナー開催」


駅前蔦屋書店でイベントが開催されました。

近畿大学の岩前教授をお呼びして家造りに関していろいろなお話をされました。

家造りによく使われる言葉快適という言葉は封印し

建康に住めるお家を考えようということでした。

私も長く家造りに携わりたくさんの方と出会って話をしてきました。

その中で考えることは快適を決める尺は住む方が決める事

環境に馴染めば体は順応して快適に調整していくと思っています。

しかし、そうは思っていても気づかない状態で順応していない事が多く

知らず知らずのうちに建康が失われて行っています。

「丈夫で長持ちする家」「いい家を造る」「失敗しない家造り」など沢山言葉が生まれてきました。

20年以上も悩み考えいろいろ取り組んできました。

時代は過ぎいろいろ経験するうちにもうそんなことは当たり前となり標準化しました。

「遊家」という家を8年前

「未完成くらいがちょうどいい」という大胆なキャッチフレーズをオリシゲシュウジさんと考え世に出しました。

遊家という考えが今やDIYという形で浸透し今の家造りのトレンドになってきました。

そう家に住むことで大切なことはなにか?

私は家は寛ぐ場所であり心をリセットできる場所だと思っています。

健康考えることは一番に大事なことはストレスをどれだけ減らすこと

ストレスを感じない家造りが大切になります。

その為には人間そして動物の五感プラスαの要素のバランス良い組合せ

本当に難しい課題ですが、とりあえず私の目指す家造りの終着点はそこにあります。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ