ブログ

ホーム > ブログ >「色とユニフォーム」広島工務店 広島注文住宅 広島リフォーム 広島外壁塗装
ブログ
「色とユニフォーム」広島工務店 広島注文住宅 広島リフォーム 広島外壁塗装 投稿日:2018年06月22日


ワールドカップ開幕!


ワールドカップ開催されあっという間に月日が経ちました。

日本代表も勝利し、安堵な日々を送っています。

次のセネガル戦どうですかね??


ユニフォームの色


モノづくりをする事で私が大切にしている五感とバランス

これって健康住宅において大切なことです。

五感の一つ、視覚 色彩、光

色は身近すぎて当たり前であまり意識していない事が多いと思いますが

本当は色は人にとってすごく重要

家造りにおいて性能とかスペックとか言いますが

色彩一つで人の心はいくらでもコントロールできます。

だけど、身近すぎて忘れている方が多いと思います。


色とワールドカップユニフォーム


さて、ワールドカップのユニフォームかっこよさだけで見ていませんか?

だけどその色を分析しながら見ると楽しさが倍増します。

地元広島カープ赤ヘル軍団、赤を基調にしています。

ホーム&アウェーでユニフォームの色が変わってきますが

赤ってすごく攻撃的で闘争心みなぎる色で相手を圧倒させる力を持っています。

広島市民球場でスタンドが赤一色になったとき相手チームは驚異だと思います。

さて、今回のワールドカップのユニフォーム赤が多いと思いませんか?

大きく分けて

赤 緑 紺 黄色 水色 白 黒

色ってたくさんあるのになんで何でだと思いますか?

まず考えられるのが的に対しての威嚇、強さ、堅実さ、大きく見せるなど

いろいろな形で考えられています。

メキシコやアフリカ系で代表される緑色これは肌の色も関係して躍動感あふれる組合せ

セネガル代表のユニフォームは1.5倍のスピード感を感じる色の君合わせ

芝の緑と同化してよりスピード感が感じられます。

緑と黄色も黄金の組合せ闘争心から相手は恐怖を感じることができると思います。


スペインVSポルトガル


クリスティアーノロナウドがもし白いユニフォームを着てスペインが赤を着ていたら

ハットトリックは、できなかったかもしれません(笑)


メッシやネイマールも凄い選手なのになぜ?


アルゼンチン代表のユニフォームを着るとメッシが小さく幼く見えます。

メッシの場合ひげをはやして強さを演出しても背が低いので難しい

メッシもネイマールも

バルセロナのユニフォームの紺とワイン色のユニフォーム全くの別人に見えるんですよね

だけど二人共実力派超一流なので関係ないと思いますが・・・

我が日本代表の侍ブルーこれは濃紺でこれは日本色

規律や誠実さを表し日本人にの肌にあった色

背の低く細い日本人でも重く大きく見せることが出来る効果があり

硬さや緊張感を相手に与えることが出来て首元に赤を入れることで闘争心も演出できています。

すごく、考えられたユニフォーム

だけど、川島のオレンジユニフォームはNGと思っています。

日本人の肌色と合っていない元気なさそうに見えるので緑がいい!

私のベスト・オブ・ユニフォームは予選敗退が決まりましたがモロッコ代表

肌の色バランスなにかしてくれそうな雰囲気の躍動感あるユニフォーム

ユニフォーム色と共に楽しむワールドカップ面白いですよ

ちなみに

大会総額 6億9100万ドル

1位 3800万ドル  41億8000万円

2位 2800万ドル  30億8000万円

3位 2400万ドル  26億4000万円

4位 2200万ドル  24億2000万円

ベスト8 1600万ドル 17億6000万円

ベスト16 1200万ドル 13億2000万円

16位以下 800万ドル 8億8000万円

参加賞150万ドル 1億6500万円

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ