ブログ

ホーム > ブログ >「カビと家」広島工務店  広島リフォーム  広島健康住宅
ブログ
「カビと家」広島工務店  広島リフォーム  広島健康住宅 投稿日:2018年07月4日

家の中で1番カビが生えやすい場所は浴室


屋内の空中に浮遊するカビの10倍

住宅の8割以上の住宅の浴室の天井に

色が着いていなくてもカビが生えています。

浴室の蒸気にはほとの皮脂汗などの汚れた成分

が含まれカビのエサになっています。

クロカビの分生子飛び散りやすいので

アレルギー体質の人は注意が必要

綺麗に見える天井も清掃をするようしましょう

しかし、カビは強い塩素系のカビ取り剤は

脱色する事で綺麗になったと感じますが

再発生しやすいのでこまめな掃除が大切です。


カビは相対湿度ではなく表面湿度(水分)で繁殖


換気扇をしっかり回しても梅雨時期など

外気に湿度がいい多い時など防ぐ力はありません

カビの繁殖を抑えるためには

空気の流れが重要です。

家具やソファーを置く時は壁から少し離して設置

押入れやクローゼットはすのこをなどを敷く

乾燥している時期で風が強く吹いているときは

しっかり窓を開け風を吹かす

扇風機やサーキュレーターなどで

風が入らない場所に空気を送り込むなど

カビを繁殖させない工夫が必要です。


カビはしつこい


一度カビが生えるとカビは菌糸を伸ばしカビ取り剤では

取ることができません。

綺麗になったように見えても一時的なもので

また、出てきます。

もしカビアレルギー体質の方が家族にいる場合

観葉植物や水槽、ペットはなるべく

部屋には入れない様にするのが懸命です。


カビと住宅


近年の住宅は気密性や断熱性を重視し

外国の住宅造りを見本に作る傾向が多くあります

窓を開けず全館エアコン換気

施設であれば業務委託してエアコンクリーニングをしていますが

一般住宅では定期的なエアコンクリーニング業者等がいない現実

いくら高性能の機械を導入しても掃除をしなければ毒になります。

(売った業者は定期クリーニングサービスを持つべき)

(エアコンのフィルターは見た目だけの掃除、カビが発生するところは素人では扱えない)

色々な形で新しい住宅に訪問した時

エアコンや換気扇を見るとあまりの汚さにいつも驚くことがあります。

日本の気候風土は独特で湿気とカビで苦労してきました。

やはり世界を真似ながら先人の知恵をアレンジしていく事が大事と思っています。

木や紙や土や漆喰など調湿出来る素材を使って来ました。

しかし、現在は密封された空間

ビニールクロスなどで囲まれて

調湿される場所が

衣類やソファーカーテン布団など

人の肌に直接触れる場所に変わって来ました。

ヒートショック対策も大切ですがカビ対策と安心空気は

健康住宅にとって最重要課題です。


これからの健康被害


私の勝手な想像で断言出来ませんが、アスベスト同様

潜在的に蓄積された見えないカビや新たなカビに体が侵され

次世代住宅アレルギーや肺がんなどの患者が増える気がしてなりません。

現在の住宅は危険が沢山潜んでいる


岡田工務店の家造り


時代の流れと逆らう部分もありますが

先代からの家造りの教え

「家は人の生命と財産を守る」

見えない所ですが構造から納まりまで

昔からの考え方や知恵をうまくアレンジし機械になるべく頼らず

カビ対策や防災対策を考えた流行に流されない家造りに取り組んでいます。

凄く難しい取り組みですが地道に少しづつですが成果も出ています。

カビについてお悩みの方カビ処理のプロに是非ご相談ください

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ