ブログ

ホーム > ブログ >「光り輝く眩しい家」 広島工務店 広島リフォーム 時短
ブログ
「光り輝く眩しい家」 広島工務店 広島リフォーム 時短 投稿日:2018年10月1日


あっという間に10月


10月といえばイベントがたくさんあり忙しい日々になります。

「明日台風で雨かなぁ~?晴れるかなぁ~?」

「大丈夫!台風が雲を連れて行って明日は絶対晴れるよ!」

「良かった~(笑)」

翌朝

「お父さんの言うとおりじゃ~!まぶしぃー」

息子や娘

運動会が迫り運動会の練習張り切っています。

気持ちがわかりやすくてすごく心地いい(笑)

朝から元気をいただきました。


家造りを考える


私も毎日色々なことで張り切っています。

造り手が張り切って家を作らないと

どんよりした天気のように曇った家に仕上がります。

家って人間と一緒で色々の所で性格が出てきます。

結構その性格ってわかりやすく

面倒くさい思いで育て造った家は性格が悪くひねくれて壊れやすい家

手塩に育てて造った家は

やはり性格もよく真っ直ぐに成長していきます。

その差は、どこにあるか?

これは、造り手の問題だけではなく設計者の心も加わってきます。

それは図面から伝わる糸(線や意図)

メーカーの仕事や設計事務所の家をたくさん作ってきました。

色々な図面を形にして来ましたが、設計士も日々忙しく

目標が図面を手渡した時点確認をおろした時点で情熱が終了

糸が乱れている事が多く、その糸を解き直して造りますが

なかなか頑固で解けない事が多く

絡み合った状態で出来上がる事がそれがクレームのもとになっています。

若手の建築家からの熱い情熱を持った見積プランも多々依頼を受けますが

情熱が大きすぎて施主様も予算オーバー

もったいない時間を過ごす事が多くあります。

造る魂も必要ですが

やはりがきめ細かい計画がすごく大切で使いやすさや時短方法や

アイラインなどの美しい納まりなどを考える事も必要

完成から未来までの道のりを必死に考えて造った家は

「光り輝く眩しい家」になると思います。

只今、造っている「真亀の家」

細部に渡って何度もチェックして使いやすさや納まりを考えています。

「光り輝く眩しい家」になるように日々精進きれいな糸を編んでいます(笑)

完成が楽しみです。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ