ブログ

ホーム > ブログ >帰ってきました(笑)
ブログ
帰ってきました(笑) 投稿日:2013年08月22日

長い夏休みから

子供たちが返ってきました。

たった20日なのに

二人とも大きく成長したような気がします。

上の子は前よりもおしゃべりに

下の子は、歌のレパートリーがふえている(笑)

一緒に居たら成長の状況って気づきにくいですがみんな確実に成長してるんですね(笑顔)

あとわずかな夏休み

父とも思い出を埋め込まなきゃ

何にしようかなぁ

2013-08-22 09.34.56.jpg

「集中豪雨とかゲリラ豪雨」

なんか「集中豪雨」と言う言葉をよく聞くようになりましたよねぇ

そして「ゲリラ豪雨」も

詳しく調べればいろいろ書いていますが

要するにとてつもない大雨という事になります。

ゲリラ豪雨、都市ではコンクリートやアスファルトになりで覆われ

気温上昇により積乱雲が発達して大雨を降らすメカニズム

ここ最近、都心で見られる現象ですが

これも地球温暖化影響も大いにあるみたいですね。

広島でもこれらの現象が見られますが

他の都市と違う所は三角州で川に囲まれている

東京に比べ水に囲まれている環境なので

水蒸気上昇による集中豪雨はあるとは思いますが

東京のようなゲリラ豪雨は比較的発生しにくいと思っています。

ゲリラ豪雨も集中豪雨も心配なのは洪水

広島は昔洪水が結構あったららしく

昔から洪水になりにくいような川周辺整備環境が整っているため

洪水になりにくいようになっていすが

下水道工事が進んでいない場所は

まだ床上浸水になるところはあるみたいです。≪私が知っている限り 舟入、長束あたり≫

なかなか床上浸水から住宅を守る方法って難しいんですよね

床下換気口から水が廻るみたいです。

以前に長束で浸水した

浸水復旧しに行ったお家がそうでした。

このような雨に対してどのように対処するか?

避難対策など研究課題として考えて行きたいと思います。

話は変わりますが、

家造りで雨の事を考えたことはありますか?

洗濯物がぬれないバルコニーとか?は考えたことがあるとは思いますが

雨の事を考えながら家を作っている所は少ないと思います。

≪窓周りやバルコニー廻り漏水対策等は考えているとは思いますが≫

家づくりにおいての経年劣化を考えると実は大切な事です。

瓦と樋の関係や壁とサッシュの関係

樋の雨量の処理能力の関係など色々と検討していく事

雨のしずくの動きを考えることで劣化指数の度合いが変わってきます。

あまり雑誌等に書いていませんが

雨を知る事で大きく修繕費を減らすことができるので

目立ちにくいところですが、十分検討したいところですねぇ

2013-03-19 15.39.01.jpg

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ