ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「人手不足問題」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「人手不足問題」 投稿日:2015年04月16日

広島空港でアシアナ航空が着陸ミスで空港が閉鎖されている。

基本的に新幹線派なので避けているので急いでいる時や招待以外は乗らない。

広島空港って本当に便利が悪くて困ってしまう。

さて、このところ世界各国で航空事故?が多い気がする。

つい最近ではドイツの副操縦士のテロ的墜落などもう5件も起こっている。

危険な乗り物ランキングなどを見てみると

移動距離での死亡率

1位バイク

2位徒歩

3位自転車

移動一回当たりの死亡率

1位バイク

2位自転車

3位飛行機

新幹線の死亡事故の確率は0%と言う数字

広島空港は行くまでに自動車移動になるから事故率が余計に高くなる

福岡空港みたいに地下鉄で空港まで行けるなんて最高ですよね

まだまあ守るべきものがたくさんあるので

時間がかかっても安全率を考えてなるべく新幹線を使います(笑)

ちなみに一番危険な乗り物で見たらスカイダイビング?乗り物?と思いますが

色々な所に書いてあるのでみなさんも注意しましょう!

「人手不足問題」

さて、航空業界のパイロト不足で運航に支障が出てくるようにもなりました。

早期で年々航空技術が発展し、パイロットを育成しようとしても

たくさんの事を短期間で習得しないといけないので

やはり今後事故率が増えてくると思われます。

この建設業界も深刻的になってくると思います。

原因に私はバブル時代に3Kという言葉がはやり

ちょうど55歳以下の年齢から私たちの時代

きちゃない仕事を親が極力させないような時代があり

55歳から36歳ぐらいまでの年齢の職人特に50代の職人が

極端に少ないために60代70代での現役引退組が出てきたらより一層

深刻になります。

私たちの業界で特に問題なのは基礎屋さんなどの土木系の仕事

そして、左官系の職人が極端に少なくなってきて

基礎屋さんが動かなかったら家をいくら建てたくても

建てれない状況になってきます。

職人さん不足の原因の一つに労働基準法もあります。

働く人を守るのは当然ですが、あまりにも過剰になりすぎたり

昔は、家のない日雇い労働者も仕事をさせることが出来たのにルールが厳しくなり、

働き手くても雇えず、働くことが出来ない理由をつけ生活保護受給というで

財政を圧迫しています。

やはり、職人をもっと守る環境や日本人が職人さんに対しての見下した

イメージをもっと廃色して、子供たちがかっこよく思えるような

スタイルを作っていく必要があると思います。

私は職人さん同士のコミュニケーションを大切にすることで

より良いものが出来ると思っています。

これって本当に重要な事

これからも職人さんの育成に努めていきたいと思っています。

人手不足 本当に怖い!!

2015-04-14 13.40.07.jpg

都道府県別人口、人口増加率、出生率、高齢化率

広島は出生率と高齢化率のバランスはまあまあいいが

もっと住みやすく企業誘致して魅力ある街にして

20代から50代までの人口をもっと増やしていく必要があります。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ