ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「熊本地震検証」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「熊本地震検証」 投稿日:2016年08月6日

今日は、原爆の日

命の尊さを確認し、平和を考える大切な日です。

私世代で昔から広島に住んでいる人は、たくさんの人から原爆の惨劇について

聞いてきました。

そして、あまりにリアルな話過ぎて、夢で出てきたり、夜寝れなくなった日もありました。

実体験していない私でさえ、夢で出てるくとか、夜眠れないということが起こるのに

実際、悲惨な経験をした人たちはもっと辛い日々を送って来られたと思います。

原爆投下から71年が経ち、思い出したくもないその情景を

後世に残すためにたくさんのお客さんが語ってくれました。

無差別殺人やテロがおこる恐ろしい時代、核廃絶と放射能除染技術のこれは急務です。

「熊本地震検証」

核は人類の努力でどうにかなりますが、天災の地震は本当にむつかしい問題です。

今回、震災被害の大きかった益城町に行ってきました。

耐震技術認定者として、色々と知識を身に着け、耐震診断はじめ色々と研究してきた身として

実際、目で見て確認したいと思っていました。

神戸の震災後の情景もみていろいろと思い比べたことは、火災が少なかったことが大きいと思います。

20160804_6092.JPG

これは神戸震災経験からガス供給会社などの努力があると思います。

地震大国日本、いつどこで起こるかわからない地震

人の命と健康を守る場所として家の地震対策はしっかり考えることは必要です。

まず、大切なことは地震が起こった時の避難通路の確保

特に地震時において家具などの転倒により挟まれて亡くなる圧迫死が多いので

20160804_6121.JPG

家具の固定はしっかりしましょう。

古いお家、昭和56年6月以前の建物といいますが、56年以降に関しても

地震発生時において外に避難できない場合は、2階に避難することをお勧めします。

(瓦屋根のお家は頭が重く、地震が起こると腰折れになり一階がつぶれるため)

益城町の倒壊状況を見て特にそう思いました。

あと、地震保険の確認もしておきましょう!

また、リアルに報告します。

(8月6日UP予定の文章ですが、なぜかUPされていませんでした(笑))

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ