ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「台風18号」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「台風18号」 投稿日:2016年10月7日

10月台風って微妙な感じでいつも困惑しています。

海水温が下がり成長しにくい傾向があるのですが、少しルートを間違えば大惨事になります。

「備えあれば憂いなし」台風ごとにお施主様向けに風向き情報天気予報を

毎回、夜な夜なチェックして台風進路を予想しています。

昔は、台風予測と天気予想図と過去の風向き傾向、海水温と気圧で出していましたが

今は、携帯アプリやら色々な天気予報ができて本当に便利になりました。

世界の風の動きがリアルにわかるようになり苦労していた分析が気軽にできるようになりました。

テレビの天気予報よりも、もしかしたら当たっているかもしれません(笑)

今回、台風の予想で日本側に曲がる予定が急激に韓国方向に進路を変えたました。

天気予報をずっと追いかけているとある変化に気が付きました。

IMG_4002.PNG

IMG_4017.PNG

当初、朝鮮半島と日本の気温が高く、気温が気流に流れてその間を抜けていくと予想していました。

台風が近づくにしてもその傾向はあまり変わらずどちらかといえば

日本側の方が気温が低く山陰方面に近づくと予測していました。

IMG_4036.JPG

夜中九州ぎりぎりまで来たとき

台風の影響で北の方から引っ張られた冷たい風の影響により

IMG_4063.PNG

急激に挑戦半島の気温が下がり台風が韓国方向に進路を変えました。

夜中のことで進路変更したため私の風向き予報も急遽変わりました。

IMG_4068.PNG

IMG_4079.PNG

日本に接近したかったですが残念ながら韓国に被害がでました。

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161006/Recordchina_20161006020.html

台風予測って難しいですが、備えることで未然に防ぐ事は必要です。

「大した事なかった」というのは結果であって

何も起こらないように未然に防ぐことは本当に大切なことです。

これは、家づくりにおいても共通で大切な事です。

予測し分析しそのようなことが起こらないことを熟慮して家づくりをする。

それって、すごく重要なんですよね。

沢山の350棟以上のハウスメーカーの新築や800件の大小リフォーム等を造ってきて

沢山の壁にぶち当たってきました。

そこで、自分ならどうする?と考え工夫し蓄積し家造りを進めた結果

苦労や経験によって改善してきた知恵が詰まった家になっています。

家を造るって、結構目先だけを考えがちですが将来を予測する家造りという考えを持つことが必要です。

台風予測もその一つ、台風によって起こる問題(気圧や急激な温度変化)沢山あります。

ただの台風マニアではありませんよ(笑)

「広島風があまり吹くかなく大したことなかったじゃん」と思われている方は多いと思いますが

きちんとした理由があります。

日本海側と太平洋側の風の動きでよく気流のVゾーン(私の造語)というのができるのですが

そのVゾーンの中に広島は入っていました。(ちょっと長くなるので割愛!聞いてください)

久々の秋の晴れの気持ち良い天気!

なんかいいことありそうです(笑)

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ