ブログ

ホーム > ブログ >「桜満開」広島工務店 広島注文住宅 広島リフォーム
ブログ
「桜満開」広島工務店 広島注文住宅 広島リフォーム 投稿日:2018年03月30日


春満開!!


広島白鳥公園で家族で写真を撮るのは恒例行事

桜を見ながらいろいろな話をしました。

夕日を楽しみながらの桜は美しい

そして月と夜桜

今日はプレミアムフライデー


柳井火力発電所見学会


小学校のイベントで柳井火力発電所に行ってきました。

ここの発電所はLNG(ガス)を利用したコンバインドサイクル発電

ガスの熱とガスの熱で海水を沸かした蒸気でタービンを回し

その電極でを回転させて電気を発生させるというシステム

電気を作るのは基本的に蒸気でタービンを回すというのが基本

原子力発電も同じで核分裂で熱を作りその熱でできた蒸気を利用してタービンを回す

火力発電で電気を作るために必要な材料が、石炭、LNG(ガス)、ウラン

そのメカニズムを子供と一緒に勉強しました。


今後のエネルギー対策


日本は、どの材料も輸入に頼っています。

福島第一原発で原子力の怖さを知ったが、今後50年後には化石燃料が底をつくといわれ

(シェールガスや眠っている化石燃料はまだまだたくさん眠っていると思いますが)

そうなれば今後原油価格が高騰して電気供給がどうなるかという心配が生まれてきます。

現在、電気蓄電ができず制御室で電気使用量と算定しながら電気を作っているとのこと

LNGは、オーストラリア、マレーシア、インドネシアなどから輸入

2011年以降原子力発電が止まり一時天然ガスの輸入価格が上がりましたが

現在は当時に比べ安定して来ています。

使用料は省エネ化が進み年々輸入量は減ってきています。

LNGガス以外に

「大崎クールジェン」低炭素石炭火力発電も大崎上島で進行中です。

https://www.osaki-coolgen.jp/project/

地球温暖化を考え二酸化炭素を封じ込めるいろいろとまだ稼働までは時間がかかりそうですが進んでいます。

そして太陽光などの自然エネルギー利用

これらもいずれ元を取るとか取らないとかの問題ではなく

キッチン便所や風呂などの住宅設備と同じように当たり前につける時代が来るかもしれません

(住宅設備の中で一番高い商品)

家電製品と同じような考え方で太陽光も時期が来たら壊れる前提で購入しないといけません

正直一般家庭向けに蓄電池が販売されるようになるまで「待ち」と思っていましたが

面白い取り組みとしてLIXILが「建て得バリュー」というシステムがでます。

これは実質0円で太陽光を付けられるという仕組み

(余剰金売電収入をLIXILが得る)

これならば負担が少なく太陽光発電がつけられるというメリットがあり

いずれこのようなシステムができると思っていましたが現実となってきました。

今後このような仕組みで太陽光普及の普及が進むと思います。

(トランス問題は出てくると思いますが)


省エネに家電製品の見直し


家にある家電で消費が多いのは何か?

冷蔵庫

照明器具

テレビ

エアコン

冷蔵庫って365日電気をつけっぱなしなので一番電気を使います。

古い冷蔵庫を使っている方は一番最初に見直したい所ですね。


日本が生き残るためには


最後に

自動販売機が日本中たくさんあります。

この自動販売機が半分になったら24時間営業のお店が減れば

エネルギー消費に貢献できるかと思いますが、やはりお金が絡んでくるので難しいと思います。

これから日本が生き残っていくためには

エネルギー輸入量を増やさないようにして住宅を省エネ化し

余った電気を少しでも安く自動化された工場などに振り分け

質が高くコストの安いメイドインジャパン製品の復活がカギになると思っています。

中小企業を含め経済全体が潤えば日本は生まれ変われると思っています。

(省エネ化が進みすぎるとガス会社、電力会社、石油会社の経営が苦しくなりスパイラルになるためバランスが必要)

省エネ化の考えで肝心なのはやはり地球環境をどう守るかになってきます。

みんなでバランスよく地球環境対策に取り組むことが必要ですね。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ