ブログ

ホーム > ブログ >防蟻剤へのこだわり
ブログ
防蟻剤へのこだわり 投稿日:2012年04月12日

私の春一番の楽しみは「桜鑑賞」

一眼レフを買ってから毎年桜の写真を撮っています。

今年で早くも7年目、撮る場所も白島公園と決めています。

同じ場所の桜の花も

毎年、違う顔なんですよ。

その顔を見るたびになんかホッとします。

今年もありがとうございました。

IMGP8381.JPG

☆防蟻剤へのこだわり☆

よく新車の匂い?(臭い)とか?

新築の匂い?(臭い)って言いますが

あの臭いの原因は、化学成分から出される臭いなんですよねぇ!

あの匂いをいい匂いとするか?悪い臭いと考えるか?は

好みの問題かもしれませんが?

建築の仕事をしていて化学物質過敏症の私としては、大変つらい

昔と違い今は大分成分がやさしくなりましたが決してなくなった訳ではありません

現在住宅においても環境的にF☆☆☆☆が義務になっていますが

ホルムアルデヒドの成分はいろいろと種類があり、結構ギリギリのラインで存在しているものもたくさんあります。

私が苦手な材料の中で、防蟻材というの材料があります。

建築の仕事をしていると一般住宅で塗りたての防蟻材のそばで作業をしたり、話をすることが多々あります。

すると私の体に異変が起こりどうしても、防蟻材のそばにずっといることができません。

そこから私の材料の追及が始まりました。

話が長くなるので

割愛します。

防蟻材の成分で禁止されている成分を除いているが実際にはたくさんの問題があるのが現実です。

そして、色々と探していくうちに現在の材料と出会いました。

最初は材料も高いし半信半疑で使うのにちょっとためらいましたが、

化学物質過敏症の私が気持ちよくいられる環境づくり(笑)

私の目指す家づくりにとって防蟻材は絶対にはずすことのできない問題でした。

そして、この材料のサンプルを取り寄せいろいろと実験をしていきました。

シロアリの中に放置したり、腐った木の菌を塗りたくり腐食状態を調べたり、水の中で放置し劣化状態を調べたり

自分の腕に塗料を塗りつけ放置したり、袋に入れた材料をシンナーみたいに吸ってみたり、舐めてみたり(笑)

1年間体を張りながら笑えることもいろいろ試しましたが、想像以上にこの材料がよかったためモデルルームに採用しました。

そして、モデルルームとして完成した家の空気が澄んでいるのにびっくりしました。

化学成分過敏症の体の違和感がない、新築の臭いがまったくしない残念な家が完成しました。

あれから3年経ち毎年定期的に調査に入っていますがすごく良好です。

DSCF1836.JPG

弊社住宅では、この素晴らしい材料と工法は標準採用ですが

家づくりの話をし始めるといつも話が熱く長く止まらなくなり

ダイジェストでお話しているため

むちゃくちゃ細かい家づくりのこだわりが皆さんに説明できていません。涙

弊社でお家を建てていただいたお施主様

もしかしたらこの素晴らしい材料を使っている事や新築臭さがなかった事

一年以上もかけて私が人体実験でモルモットになってたことも・・・涙

もしかしたら知らないかもしれません。泣

私の家づくりのこだわり

すごく長いけど誰か聞いてもらえませんか?

岡田栄治

追伸:この環境は、若葉台の「遊家愛犬家住宅」分譲でも採用していますよ

s-owy0915__013.jpg

もし、興味がある方は見学できます!

お問い合わせ TEL 082-228-5322 松浦まで

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ