ブログ

ホーム > ブログ >電化製品の欠点
ブログ
電化製品の欠点 投稿日:2012年08月1日

暑い夏!溶けてしまいそうです。

日中現場に出て夜、図面書いたり見積したりプラン決めたりしていますが

汗をかいた分、体の疲労がすごく夜のパワーが半減してしまいます。

夜できない分、朝早起きして仕事をするとすごく充実

良いですよ!!

近頃の住宅は、電化製品で占められています。

キッチン廻り、浴室廻り、換気扇やインターフォンまで色々

高級家電としてIHや食洗機や換気乾燥機

しかし、その家電製品にも大変恐ろしい落とし穴があります。

先日、一年前リフォームしたキッチンメーカーのOEM IHが故障

キッチンメーカーに問い合わせしたところ

IHメーカーのメンテナンスが直接お客様の家に訪問

メンテナンスがそのものを見て基盤の故障がわかり

パーツを取り寄せて交換という形になり

「このリフォームはいつされましたか?」とお客さんが聞かれ

「ちょうど一年になるくらいですかね?」と答えると

「それではこの商品の保証期間が過ぎているので有償修理で¥20000になります。」

と言われたらしくお客様から私の所に電話がかかってきました。

「丁寧に一年間使ってきてまったく落ち度がないのに何で修理代がかかるの?」

私もおかしいと思いメンテナンスの人間に聞くと

「ルールなので修理代をもらわないといけない」と一点張り

こっちも腹が立ってキッチンメーカーに問い合わせると

IHメーカーのメンテナンスとしても会社の規則なんで言いようがないという始末

そして、メンテナンスの人間も「電化製品には当たり外れがあるのでこんなこともあります」と開き直り

挙句の果てに「この商品は型落で製造から3年経っている」と言い放つ始末で

何とも筋が通らないため

キッチンメーカーの担当者やガミガミ言って

挙句の果てにリフォーム完成日を一年以内と言い張り無償で直させました。

それにしても後味悪い

今の住宅は電気製品が多すぎて一年保証がほとんどの家電商品

当たりはずれで事澄ましてほしくないものです。

スマートハウス(家電住宅)心配です。

f10t_topimg.jpg

そういえば

新築住宅家電丸ごと5年保障パック付住宅設定できます。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ