ブログ

ホーム > ブログ >家族との再会!!
ブログ
家族との再会!! 投稿日:2012年09月3日

夏休み子供たちは嫁の実家の宮崎に行っていました。

一か月ぶりに帰広、久々に会う子供の姿を見て成長したなぁ!!と感じました。

子供の成長って早いですねぇ

クリナップショールーム見学

20120902_153144.jpg

クリナップ広島ショールームがリニューアルオープンしました。

キッチンにも、結構こだわりを持っていて色々と調べてたくさんの知識を持っています。

数あるキッチンメーカーの中でもこだわりを感じるキッチンメーカーとしてクリナップ

このページを他メーカーの担当者さんすみません(笑)

キッチンメーカーそれぞれ特徴がありそれを見比べると本当に面白いですよ!!

私が思うにキッチンって実は消耗品と思っています。

当時、高いシステムキッチンであっても時が経つにつれ痛みが出てきます。

現在様式のシステムキッチンが普及始めたのが23~28年くらいしかたっていません

その当時、キッチンメーカーとしてサンウェーブ、クリナップ、タカラスタンダード、ヤマハ、ナショナル、ナスステンレス等が支流でした。

(まだあるとは思いますが・・)

画期的なキッチンとして色々な特徴を持ちながら進化してきました。

タカラスタンダード・・・ホーローキッチン傷がつかずにずっときれい

ヤマハ・・・ピアノの塗装技術と人造大理石カウンター

ナスステンレス・・・ステンレス加工の得意

ナショナル・・・電気屋さんらしいゴキブリショッカー

サンウェーブ・・・日本での国内初受注生産品システムキッチン

クリナップ・・・日本初のシステムキッチン ステンレス加工が得意で丈夫

というようにそれぞれ特徴はありますが歴史的には浅いので耐久性の事を言っている所はありません

キッチンリフォーム工事をするとキッチンの劣化する特徴がよくわかります。

その中で一番問題になるところは蝶番などの金物

水栓などを除いて

キッチンを交換しないといけないといけない理由NO.1です。

システムキッチンの進化=キッチン金物の進化

と言っても過言ではありません。

各メーカー色々と金物メーカーを使っていますが耐久性など考えると妥協できない所です。

キッチングレードや値段の違いこの金物のグレードやパネルの違いで差が出ます。

キッチン金物で有名なBLUM社、システムキッチンの立役者的なメーカーで

高級グレードキッチンに数多く使われています。

クリナップのキッチンが丈夫と言っている自信の源はここにあると思います。

大変長くなるので  割愛

自然派住宅を考えている方の落とし穴

壁は珪藻土、床は無垢材そして自然塗料など自然系ふんだんに使い、

予算の都合でキッチンや決められる方が多いと思います。

F☆☆☆☆と思っていても、ショールームに行って実際扉を開けてみると「モヤッ」と臭いが立ち上るキッチンが多くあります。

測定をしているわけではありませんが・・・

ショールームに行ったとき、是非とも違う視線でキッチンを見てみてはいかがでしょうか?

グレードの良いキッチンの違いが見えてくると思います。

でも、あまり見過ぎるよ予算オーバーになっちゃうのでほどほどに!!

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ