ブログ

ホーム > ブログ >人間ドック!
ブログ
人間ドック! 投稿日:2013年02月15日

毎年恒例の人間ドックに来ています。

車の車検、特にトラックは一年車検で大きなお金を使うのに

一線で働く自分たちの健康が損なわれたら皆さんに迷惑がかかると思っています。

そして、家を造る者として少しでも永く元気でいることで

建てさして頂いた責任を果たせると思っています。

新規のリフォームさせていただくお客さんの中で良く聞く言葉で

「この家を建てた会社なくなってだれに頼んでいいかわからなかったのよ」

「この家建てた時の親切な営業マンがいなくなって頼みにくくなったのよ」

とかいろいろそんなことを聞けば、細く長く健康第一でやっていくことが

作らしてもらう責任として大切なことと思っています。

さて、家も定期検診が必要となってきます。

たくさんの住宅を建ててきた中でまず最初にメンテナンス起こることは

1.1階床下の床なり

2.クロスや塗り壁留部分の隙

3.建具の建付け調整

1.2は在来木造住宅では、ほぼおこることでメンテナンスは容易にできる項目と思っております。

3.は初期段階では容易に調整できる内容ですが、長い目で見たとき容易に修理出来なくなる

  既製品建具のメンテナンスチェックをお勧めします。

既製品建具は近年素晴らしい躍進で殆どの会社で使われるようになり

現在の住宅のコストが大幅に下がった理由の一つに挙げられると思います。

この既製品建具が、普及し始めてから18年位になりますが

10年たった位の建物で良く使う場所の建具の金物が損傷して交換する事例が多くみられています。

既製品メーカーの金物は大半がOEMで供給されている金物が多く

在庫がなくなると修理交換したくてもできなくなる可能性があります。

そこで住み始めてからわかることですが、よく使う建具を確認して

その場所のパーツを余分に購入しておくことをお勧めしておきます。

メーカーがパーツを持っていても10年位と思いますので

2012-08-25 08.31.53.jpg

それと戸車の間に髪の毛が巻き付いているのを放置いて使っていると

戸車が摩耗して敷居のレールを痛めてしまうことがありますので

洗面所に片引きの建具がある場合髪の毛やほこりがついていないか

確認することをお勧めします。

早期発見が大切

定期検診をすること人も家も同じだと思います。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ