ブログ

ホーム > ブログ >あっという間に
ブログ
あっという間に 投稿日:2013年03月7日

息子の幼稚園が卒業に向かっています。

お弁当作りもあと4回

近頃、なかなか忙しくて朝から早いので時間が取れていない

そのような言い訳はできないのであさ早く起きて作りました。

http://blogs.yahoo.co.jp/okadakomuten1971/14852208.html

色々と省エネ住宅ばかり書いてきたのでたまには材料について書いてみたいと思います。

私は、無垢のフロアーが好きで多くの住宅に採用しています。

なぜ、無垢フロアーにこだわるのって言われることがあります。

無垢のフロアーって、結構めんどくさい奴で大工さんの手間もかかりますし

反りや収縮があるしフローリングの種類によっては傷やへこみも出やすい。

それなのに分譲住宅でさえ無垢のフロアーを使っています。(リフォームは予算に応じて仕方なく(複合フロアーも使ってますが・・・)

無垢フローリングの良さの一つにやっぱり、人に近い材料と思っています。

育ってきた環境が違は違いますが、人との共有ができる材料

無垢の材料は、病気やけがをしたりなかなか世話が焼けますがそこで愛着が生まれてくると思っています。

時間たつと革のようにビンテージな風合いが出てきて時とともに生活になじんできます。

この感覚を知ってしまうと無垢フロアーの心地よさはたまりません

そして、住宅で床の占める割合は大きく、肌に触れる時間も床材が一番長いのではないでしょうか?

無垢のフローリングの定義は単層フローリング無垢と言いますが

合板上に集めの無垢板を貼る商品もあります。

調質効果的に期待が持てるのは5.2mm以上の突板と言われています。

突板の種類によりますが・・・

でっここからちょっとマニアックな話ですが

自然素材にこだわるならばパインや杉のフローリングが多いと思いますが、その上に塗る塗料の相性もしっかり検討したいところです。

木材の表面保護をする自然塗料の中でよく耳にする材料 オスモカラー良い材料なのですが、パインのフローリングに使うとちょっとすべりやすく

室内犬を飼っていればヘルニアになりやすいのですし、転倒事故にもなりやすいので塗料もしっかり検討したいですね。

滑りにくい塗料を進めたいところです。今度弊社の使っている塗料を紹介いたします。

無塗装品のフローリングを使われる際には塗料もしっかり検討したいところですね。

海外製の安い無垢フローリング塗料にも???の所があるので吟味したいところです。

床暖房用無垢フローリング

無垢床暖房用フローリングは、木材乾燥を通常の含水率よりも低くした材料を製材し床暖房用にフローリングに加工した材料の事を

無垢床暖房用フローリングといいますが、それでも無垢の木なので縮みます。

そのリスクがあっても無垢フロアーを使いたい理由は

既製品複合床暖房用フローリングは、床暖房の温度関係でボンドから微量な有機物質が出るとのこと

そして、既製品フローリングも結構収縮します。(メーカーカタログを見てください注意事項で書いてます)

床暖房を使う時でもなるべく無垢フロアーを使いたいですね。

2013-02-21 14.51.30.jpg

ちなみにどのくらい収縮するか?

⇒含水率1%の増減で、合板は0.02%伸縮

  無垢は0.15%伸縮

また、床暖房を使用した場合、含水率は2%程度まで低下するとのことです。

床材の含水率はおおよそ12%前後ですので、含水率は10%程度下がることになります。

1×6フロアに当てはめると計算上は、

1818×0.0002×10=3.636ミリの縦方向に対する寸法変化の可能性があるということです。

※あくまで計算上の数値であり、環境条件により異なります。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ