ブログ

ホーム > ブログ >カープCS進出おめでとう!
ブログ
カープCS進出おめでとう! 投稿日:2013年09月26日

やった~!

カープがクライマックスシリーズ出場が決まりました。

心底カープファンなんです。

負ける試合を見てカープの悪口を言いたくないために

球場に足を運ぶ勇気がありませんでした。(言い訳??)

本当に良かった。

クライマックスに便乗して残り試合

見に行こうかなぁ(笑)

「木について」

お家造りって面白いんですよ。

特に木を住宅は

私が木造住宅にこだわっている訳は

木造住宅って正直に造り手の魂が入るから

本当に正直です。(笑)

日本の住宅は木で作られてきました。

主に構造材として使われてきたのは、杉、松、檜 

産地によって使われ方はまちまちですが

広島は、松が多いようで

杉の構造材は、2階建て一般住宅ではあまり使われていないみたいです。

嫁の実家が都城産地だけあって杉が多いですね。

広島とは違い土地が広いから平屋建てが多いんですよねぇ

木の特徴を知って適材適所で使い分ける事が大切!!

松は梁とか桁とかの横向きに寝かして使う(横架材)場合には適しています。

ばねで言えば固いばね。

杉はどちらかと言えば粘りはあるんだけどベローンて感じになる。

柔らかいばねで2階建で広い間口に使うと

広島では、トランポリンのような感じになる理由で2階建てには使われていませんでした。

(先代が言っていた)

現在、自然派住宅として杉の木が使われていますが

適材適所使い分けしないと見た目ばかりで構造的に

困った家になる場合があるので注意したい所

木の使い方も歴史があり

特に広島では、土地が狭いため

昔から2階建てが多く建てられてきた歴史があります。

当時の人たちも、試行錯誤しながら作ったみたいで

輸入材料が日本に入ってきたとき色々と挑戦したみたいで

アピトンと言う材料が

http://www.fuchu.or.jp/~kagu/mokuzai/25.htm

入ってきたとき土台によく使われていました。

そして、固くて強い木として

一時間口の広い所に桁として使われてきたことがあるらしく

築20年2階の床が下がったという修理依頼があって

現地で床をはぐったら

その桁が破断(折れる)していた状況でびっくりしたことがあります。

たくさんの事例があるのですが

割愛

「夢のマイホーム」と言う時代から

簡単に住宅を手に入れることが可能になりました。

デザイン、機能、価格、地震に強い、台風に強い、省エネ、自然派住宅

色々な形で木造住宅は販売されています。

商品として販売されている所が多いですが

簡単と書きましたが、安い買い物でないので

後悔しないためにも構造気に関しても、しっかり確認していく必要があると思います。

ホームページには、業者の立ち位置によって良くも悪くも書かれることが多いので

疑問に思うことがあったらメールしてください

木造住宅は、肉や魚や野菜と同じく

木の命を頂いて初めて形になります。

大切な命を一つ一つ家族の幸せを祈りながら

魂を込めながら創る事でお家にも命が宿ります。

本当に木って奥が深い

2013-05-24 14.09.06.jpg

構造と木のお話をたくさん書きたいのですが

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ