ブログ

ホーム > ブログ >運動会!!
ブログ
運動会!! 投稿日:2013年10月10日

秋はイベントがたくさんあります。

広島の学校も色々と場所によって違うみたいで

うちの子が通っている

牛田小学校は、10月あるみたいで

牛田は秋祭りやら運動会やらで小学生は忙しいみたいです。

うちの子はブリッチができないみたいで苦労しているみたい。

力をつけるために腕立て伏せかなぁ(松岡修造みたいに(笑)

スイッチ&コンセ卜

スイッチとコンセントって実に奥が深いんですよねぇ

ここ数十年のうちに電化製品の普及によってコンセントの数がすごく増えました。

昔は指でつまむスイッチもしくはひも

みなさん覚えていますか?

二股ソケット

昔の我が家は、ポッチョン便所に二股ソケットの小さい方の電球しか入ってなくって

電気の周りにハエがブンブンしていた

そんな昭和初期の家に小さい頃住んでいました。

当然、その頃の電化製品といえばそんなに数があるわけでもなく

たまに消費電力の強いものを使えばバンバン電源が落ちて

それでなくても気味悪いくらい家だったので大騒動でした。

初めて家にエアコンがついたとき本当に気持ちよかった。

でも、これまたブレーカー(広島ではテンパールと呼ぶ)すぐに落ちるから

親父が怒って

「めんどくさいからエアコンなんかつけるな!」っと言って

僕たちが寝たあとに「ウィーン!!」って音がし始める度に

「おとなっていいなぁ~」

と思いながら過ごした記憶がいい思い出です。

昔住んでいた家のおもしろ出来事は一晩あっても語れない位ありますので

またお話するとして

そんな便利の悪い家で育ったためか?

なぜか?「便利」とか「不自由」ない暮らしなものに

こだわりがあり

自分も造る側の人間としては、

コンセントやスイッチの位置や高さにすごくこだわってしまいます。

家電製品ってむちゃくちゃ増えましたというより

安くなりましたよね

いちいちいろんな形の電化製品が増えるもんだから

物置が足りなくなるのはよくわかります。

昔はカセットコンロ

その前は

プロパンコンロ(今考えると恐ろしい)

それ一つで鍋をお変えながら

すき焼きやら水炊きやら焼肉やらたこ焼きやらしていましたが

今、お家で火を使うのを嫌うから

ホットプレートに変わりました。

このホットプレートって以外に消費電力が激しくて

コンセント系統を分けていないと

今のお家でもブレーカーが落ちることがあります。

ホットプレートと組み合わせが悪いのは、

ホットプレート+ホットカーペットもしくは、ハロゲンヒーター

これって最悪です。バンバンお落ちます

ですから私は、食卓テーブルの高さに合わせて

ホットプレート専用配線を付けるようにしています。

そんな感じでキッチン周りのコンセントもたくさんいるようになってきて

冷蔵庫

電子レンジ(専用配線)

炊飯器

ポット

バーミックス(まぜる機械)

コーヒーメーカー

エスプレッソの機械

ジューサー

ミキサー

などなど

パン焼き機はうるさいからパントリーにコンセント

ガスやIHコンロで魚焼くのは掃除が面倒だから魚焼き器でとか

蒸し物はIHの上で専用の器具で調理したいとか

電子レンジは食パン焼く時間が長いからトースター

ホットプレートで焼いたたこ焼きって平べったいから専用たこ焼き機

「手作りヨーグルト美味しいよっ!」てヨーグルトメーカーとか

「我が家のホットサンドサイコー!!」とか

テレビを見ながら料理するためのテレビ用のコンセントとかとか

ってことも

今では普通になちゃいました。

当然全部にコンセントがいらないにしても重いものは移動が面倒だから

コンセントが必要になることが多いので

ある程度リサーチして考えるようにしています。

本当に細かく設定しているつもりでも中にはうまくヒットできないところがあって

申し訳ない思いをすることもあります。

そんなこんなでコンセントをいろいろと考えるようになると

よそ様の住宅会社のお家よりもコンセントの数が倍近くなりました(笑)

しかし、コンセントってあとから増やす事がなかなかできないし

地震や火災などの安心安全を考えたとき

このコンセントにつまずかないようにすることも大切だと思っています。

バリアフリーになったお家なのにコンセントに

つまずくようなコンセントの位置はまずいと思うし

間取りがいくら良くてもコンセントやスイッチの位置が悪かったら話になりません

ですから私はコンセントの位置スイッチの位置などトコトンこだわって考えています。

それでも、なかなか完璧にできません

この間、竣工したお家で

高齢者向け住宅なのに介護用ベットのためのコンセントを用意できなかった(涙)

それがベットの位置に一箇所あればいいと思っていたのですが

ベットから介護モーター用と照明用と2本コンセントが出ていて

しかも、ベットが2台 コンセントがベットの位置に2箇所必要だったことに

気がつきませんでした(涙)

将来を考えた家づくりを考えると

夫婦寝室に将来的に必要となる

介護ベット用コンセントを設ける必要があることに気がつきました。

またまた、これでコンセントの数が増えていきます。

たくさんのコンセントを上手に計画する工夫面白いですねぇ~

アイデアコンセントネタ!

あまりにたくさんありすぎて、実は出来上がったお家でも説明しきれていません(笑)

多分、ハマりすぎて便利さに気が付かずにお使いされている事と思います。(笑)

さて、いま計画しているお家にイメージングしてきます。(笑)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ