ブログ

ホーム > ブログ >がんばれ!!カープ!!
ブログ
がんばれ!!カープ!! 投稿日:2013年10月17日

クライマックスシリーズ巨人戦惜しくも負けましたが

手に汗握る戦いで

楽しませてくれています。

巨人の選手層から見るとよく戦っていると思います。

大きなチームに弱小チームが立ち向かう姿いいですね。

そのためにはチーム一丸となって一人ひとりがんばることが大事

いやぁ~私の会社にも言えることですねぇ

パソコンマニア!!

パソコンの調子が悪くなり

今日は仕事がとまってしまって整備で

四苦八苦しました。

私の仕事はパソコンは不可欠で

パソコンが遅くなったりすると能率が悪くなり

一人で何人分の仕事をこなせるのも結果

パソコンのおかげと思っています。

パソコンが今のように普及していないころから

パソコンを使っていろいろな仕事をしてきましたが、

その前に自分でパソコンを組み立てることに興味を持ち

パソコンのスピードを上げることで快楽を覚える

欲にいうパソコンオタクって人でした。

パソコンの設定のために何日も徹夜していた頃の

パソコンと現在のパソコンの処理能力も桁違いに向上して

あの時のパソコンのスピードを自慢するのが恥ずかしいのですが

その頃に築いた知識が今のパソコンの基礎になっているので

パソコンが調子が悪くなったくらいは簡単に直すことができます。 自慢笑

ウインドウズって今では当たり前ですが

その当時は衝撃的なOS

(コンピューターが日本でOS総理大臣って感じ!おっと!これっていい表現かも)

これが登場したおかげで

これだけのコンピューター技術が進歩したと思われても過言ではありません

ですからビルゲイツ(ウインドウズの開発者)は、コンピューター界の「神」言ってもいいでしょう!

神がいた時代に生きた。笑

《アップルの創業者スティーブン・ゲーリー・ウォズニアック、スティーブ・ジョブズ、ロン・ウェイ

ファンからすれば、アップルが先だといわれそうですが、

アップルは、チョッとマニアックすぎてウインドウズというOSが仮に出ていなかったら

一般受けしなかったためここまで普及しなかったと思います。》

そして、それぞれの部品CPU,メモリ、ビデオカード、ハードデスクなどの技術の向上も

ウインドウズができて大きく変わったと思います。

というか高性能なCPUについてくるOSがなかったため・・・

当時、i486SXからDX DX2とかDX4というCPU

これが当時は最強といわれていましたがいまいち安定していないため

すぐにペンティアムというCPUが出て

パソコン、OSのバランスが取れ始めました。

その当時、ウィンドウズ3.1→ウィンドウズ95が出てWIN98

それからウインドウズXP出るまで暗黒時代 笑

ニフティーサーブというパソコン通信から

インターネットそしてEメールが一般の人から認識し始め

そして、インターネット環境も整い始めました。

当時、ネットサーフィンという言葉

そしてその頃は、ネットスケープががんばっていて

インターネットエクスプローラがウインドウズとパッケージ化されて

オセロがひっくり返されてたように完全にマイクロソフト王国が出来上がりました。

それと同時に、一太郎、ロータスというワープロソフトと表計算ソフトも

いつの間にかワード、エクセルの力に飲み込まれてしまいました。

(そのころ、DOSV派とNEC PC98シリーズ派に分かれていて

DOSV派の互換性から NECが衰退していくことで一太郎も消えていった要因まだあるか(笑))

ネット環境は当然アナログ環境でモデムという機械を使い

最高通信速度 (bps)が9600→14400→28800→33600

と上がっていき28800bpsになったくらいでようやくネットサーフィン

できるくらいになりISDNが普及し始めブロードバンド時代到来といわれ始め

気軽にインターネットを気軽に使えるようになりました(その頃のピ~プルル~コロコロ)

という音が懐かしい人もたくさんおられると思います。笑

今じゃもう若者に一太郎とかロータス1-2-3とか死語になっているのかなぁ
そして、ADSLが顔を出し始めた頃
ソフトバンクの孫さんのYAHOOBB商法がやってきて手当たり次第
モデムを送りつけたり店頭で配ったりして会員数を伸ばし
そこから大きな収益を上げ日本テレコムを買収して
ボーダフォンの電話機を売り始めたが
電波の入らない電話機をずるい手法で顧客を取り込み
上手にアイフォンの販売権を手に入れお客をアイフォンに流し込み
今では大きな会社に成長しました。(笑)

話がそれましたが、ノートパソコンの普及も

構えず気軽にコンパクトにパソコンが使えるということでいろいろなノートパソコンが普及中でも

SONY VAIOは斬新でかっこよかった。笑

でも、私は硬派でIBMのシンクパットが好きでした。(特に真ん中の赤いマウス(笑))

ノートパソコンが、気軽にどこでもネット環境ができるようにということで

LANの普及し、わずらわしいコードをなくしたいという事で無線LAN

そして、WIFIに移行されてきました。

それから大きな変革としてタブレットipadの出現

このタブレットがコンピューターの今後未来を変えると思います。

CPUの小型化、そして省電力化など高度な技術が必要となりますが

コンピューターのスピード化よりも小型化が進んでくると思います。

と言うのも高速スピードについてくるソフトが開発に追いついていないのと

スピードについていく人間がいない。笑

小型化の進む要因としては

結局はニーズであり、スピードはマニアックのためかな?需要に限りがある・・・?

長々と話しましたが、私が生きていたこの20数年で

驚くほど大きくコンピューターは変わりました。

しかし、思うことはこれだけ進歩したのに人間はあまり変わっていないこと

コンピューターは確かに便利でいいのですが、

コンピューターに依存した生活はどうかな?と思っています。

アナログほど人間らしいことはないし、大変かも知れないけどその大変さがいい

自然と言う人間に優しい環境があるのに機械で制御される生活もどうかと思っています。

そして、よく壊れるこれを直すのにどれだけ苦労するか・・・笑

高性能なパソコンにしても能力の1/3も使っていない現実

住宅も一緒で

高性能エアコン/電子レンジなんていい例でスイッチオン/オフしかほとんどの人は使っていない

窓を開けて自然の風の気持ちよさ(黄砂やPM2.5は除く)

私は、コンピューターを突き詰めて

デジタル人間だから

アナログのすばらしさを知っている(自慢)

私がパッシブライフを進めるのはこんな所にあるんですよねぇ

「自然と機械との融合を上手に取込んだ家作り」を目指しています。

長々とマニアックな話をしましたが、

家で建てられるお家に特典!!

LANやパソコンの設定は私にお任せください

パソコンオタクですから (笑)

長々とくだらない文章読んでいただきありがとうございます (礼)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ