ブログ

ホーム > ブログ >秋の家!!
ブログ
秋の家!! 投稿日:2013年11月1日

早いもので11月となりました。

息子の牛田小学校の運動会も無事に終わり

運動会を見ると子供の成長が感じられて

感動しっぱなしです。

育メン弁当を家族で囲んで食べるのってほのぼのしていいですね。

ピクニックお弁当の威力ってすごいですね。

家族の譲り合いで、家族の輪が深まりますねぇ

2013-10-27 07.25.29.jpg

秋の家!!

当然ですが、日本には四季があります。

春夏秋冬それぞれの特徴があり

それを感じるたびに日本に生まれてよかったと思います。

たくさんのおいしい食べものも出てくるし

なべなんてサイコーですよねぇ(笑)(夏でも汗かきながらなべ食べていますけど・・・)

そして、あっという間に冬がやってきます。

皆さん、秋の家を感じとことがありますか?

9月から11月の風って少しひんやりしてすごく気持ちがいいですよねぇ

パッシブライフを考えるなかと長持ちさせる家を考える中で

実はこの時期大変重要な時期なんですよねぇ

普段何気なく秋を迎える中で

普段住まわれている家も実は秋を感じています。

特に季節の移り変わりで

夏の間に溜め込んだ湿気を急激に冷やすため湿度が高くなるんですよ

秋にきのこがたくさん取れるのも

結局、湿気が多いから何でしょうね~!それと気温

この時期の湿度ってすごく厄介でいろんなところでいたずらをします。

皆さんご存知の結露って人工的に発生する結露と自然的に起こる結露と2種類あるんですよ。

人工的結露というのは石油ストーブなどから排出される水蒸気で起こる結露

自然的に起こる結露というのは自然水蒸気が集まって起こる結露

今厄介なのは自然的に結露です。

細かいことは割愛して

何で結露が起こるかって簡単に説明すると

外気温と湿度がちょうどよく表面結露を起こしやすい環境になっているということ

(気温24℃ 湿度60パーセントの場合 物の表面温度約15.76度で表面が結露湿ってくる)

この時期に外に物を置いていると表面が湿った感じになっていると感じたことがないですか?

これがまさしく自然結露でこれがいろんな物を腐らせる原因になっているんですよねぇ

山が紅葉して後に葉が落ちて土に返って栄養に変わります。

秋に葉が落ちるのも秋が湿度が高く葉を腐らせやすいからなんですよね

住宅もこの湿度で見えないところでいたずらをしています。

内部結露もこの時期発生しやすいですし、外壁の汚れもこの時期の菌から発生します。

押入れの中の布団も湿気をためやすいのでチェックしたほうがいいですよ

対策としては湿気をためない、内外の温度差を作らない

寒くない状態でもエアコンをかけて湿度を少なくする。

外壁は、植栽が近くにある場合は放す、室外機が壁にくっいているときは直接壁に風を当てない

などなど湿度計を上手に配置して湿度管理をすることをお勧めします。

(気温何℃で湿度何パーセント表面温度が何℃で結露するかお知りになりたいときはお気軽にご連絡ください)

家造りのプロとしては、秋の結露に強い家を常に考えて作っています。

2013-10-29 11.04.39.jpg

自然と知ってこそ広島パッシブハウスは完成すると思っています。

そこからパッシブライフが始まります。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ