ブログ

ホーム > ブログ >とうとう今年も終わりそう(涙)
ブログ
とうとう今年も終わりそう(涙) 投稿日:2013年12月27日

毎年、毎年同じことを言っている様な気がしますが

残りわずかとなりましたが、

この時期なぜか?追われます。(笑)

建築の仕事をしていると仕方がないのでしょうね(笑)

と言いつつ

来年は休みが取れないほども忙しくなるので

前送りで家族で別府旅行に行ってきました。

5年前、別府に行ったときは、ある会社の慰安旅行で行ったのでドタバタして

ゆっくりできなかったので

ゆっくりと別府を楽しむと言うことで

高崎山、水族館、そして地獄めぐりというベタな旅行をしましたが

子供たちにとっては初めてのこと

すごく楽しんでくれました。

何度行ったところでも子供たちがいればまた違う風景に見えて

私も本当にゆっくり楽しむことが出来ました。

DSC03462.JPG

太陽光発電

太陽光発電についていろいろと考え方がありますが

私は、住宅性能と家計のバランスなどを考慮し優先順位をつけて

取り付けの検討するように進めています。

太陽光のトラブル相談を受けて調査に行ったお客さんのお話をします。

10年前某有名メーカーで建てた住宅

その当時は、太陽光は高価なものでしたが

某メーカーのシュミレーションを見せられ元が取れると

進められ太陽光を設置

実際、住みはじめ太陽光の数字がシュミレーションに全く達成しないので

おかしいと思い、そのメーカーの担当者に問合せた所

こんなものですよと言われて数年がたちどうしてもおかしいので

担当者に電話したら退社していて

会社に問合せをした所なかなか話乗ってもらえないので

どうしたらよいか?

私の所に相談がありました。

いろいろとチェックしておかしい所がわかり

そのことで問合せをしたした所

さすが大手メーカー不良を認め

結局、ALL載せ替えが決まりました。

複雑!!

IR_0967.jpg

施工要領とか、メーカー保証の内容をよくよく確認し

取り付けに望まないといろいろと落とし穴があります。

基本的には太陽光パネルの保証が25年ほどありますが

定期点検を受けないとダメだとか・・・

太陽光パネルの寿命が25年程度

実際はどうなるのでしょうかねぇ~

太陽光を付けたい方は

元を取れる取るという考え方を忘れ環境に貢献していると思うこと

もし、元を取ると言う考え方であれば25年以内の収支計算を行いキロワット設定をすること

車と違い簡単に乗換えが出来ないということを覚悟すること

太陽光は家電と同じであたりはずれがあるため

中途半端な時期に壊れる可能性を覚悟しておくことをふまえ

よくよく考えて検討してもらいたいと思っています。

私は、逃げるわけではありませんが

永くお客様とお付き合いをさして頂きたく思っています。

実は、太陽光を乗せて何かトラブルがあったとき

家造りと違い、私たちで直すことが出来ず

太陽光メーカーに依存した保証対応しか出来ないことが一番の問題です。

消費者が弱くメーカーのルールに従うしかない(涙)

太陽光を付けられるのであれば易さを追求するのではなく

安心を追求することをお勧めします。

(20年後でも壊れても対応してくれるメーカーや施工店)

こうやって書いていますが太陽光発電の考え方は大好きなんですよ!(笑)

(工務店の立場として複雑なだけです)

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ