ブログ

ホーム > ブログ >入園の準備!!
ブログ
入園の準備!! 投稿日:2014年02月20日

娘が4月から幼稚園に行き始めます。

あっという間に三歳になったなぁ~

先日、幼稚園の集まりがあったらしく

そこで、幼稚園の園児の人数を聞くと15名

今年は、少ないらしい??のですが

世の中、待機児童とかの問題を聞くと

この幼稚園では本当に無縁の感じがします。

待機児童の問題

幼稚園をもっと有効活用すればいいのでは?

と思いますが地域によって違うんでしょうね。

幼稚園で娘の事について色々書くことがあり

彼女の長所や短所などや好きなことや嫌いなことなどを

嫁さんと話しながら書いていくと

たった三年間の人生なのに立派に人として成長している姿を見ると

やっぱり、自分達親が良い見本にならないといけないなと

実感!!

子供について夫婦で分析するのもすごく面白いと思いました。

息子もちょっと分析してみます。

「人人人」

毎年、この時期になると職人さんが足りなくなって右往左往しますが

今年に関しては、消費税のあがる関係でちょっと異常なことになっています。

弊社も3件の店舗工事の依頼があり

例年は何とかこなすのですが

今年に関してはちょっとどうにもならない状態です。

仕事量に関して各職人さんが足りないことと合わせて

職人さんの数がずっと減ったと言うことがあげられます。

私が高校生から社会人になる頃までバブルの時代がありました。

その当時よく聞いた言葉【3K】

「危険」

「汚い」

「危険」

今の若い子は分からないかもしれませんが

この言葉が流行った時代の人たちが

バブルもあり職人さんと言う

職業が嫌われサラリーマンが花形と言われ

3Kと言う仕事につく人が激減しました。

img58050361.jpg

そして時代が過ぎ本来であれば仕事を後世に伝えるための

現在の50代40代の職人が少なく

その上の今までの不況で廃業したり

60代70代が引退し始めたため

現在、職人の数が全然足りない状態になってきました。

そして、悪循環は続き

指導する側の職人さんもいなくなるため

どんどん困ったことになると思われます。

もう一つ大きな問題があって

今から就職する子供達の親が

その3K時代に育った親で子供を職人さんにさせることに

すごく抵抗がある世代なのでもっともっと減っていくと予想します。

なぜこんなことを書くかというと

現在、新築やリフォームなど色々な工事を

値段が安く書いていたり、紙面上良いサービスと書いたものが

広告チラシや色々な所で出回っています。

紙面上や口ではうまく言えますが

実際、工事になると職人産不足で

今日始めてあった職人やどこからか

連れてきた職人を使っていると言うことが頻繁に

見られるようになります。

安いからいい?図面上で考えるだけでいい?

本当にそれでお店に大金を払って仕事をさせていいんでしょうかね?

建築の裏の事は知られることがない事なんですが

誰でもいいから大工さんおらんか?と言う電話が

なぜか?知らない建築屋さんから掛かってきます。

「だれでもいいって・・・どうゆうこと???」(笑)

一般の方はお気づきにならないかもしれませんが

これってこんな家造りをしていたら

お金で解決できないこともたくさんでくると思うんですよね

特に時間が経てば・・・

家は手造りです。

気の利いた職人さん達と一緒に造る家

これが一番です。

PA0_0043.JPG

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ