ブログ

ホーム > ブログ >もうすぐ卒業式
ブログ
もうすぐ卒業式 投稿日:2014年02月27日

久々に朝、小学生の通学の姿を見ると

ランドセルより体の方が大きくなった子たちが通学していました。

この子達も卒業かぁ〜と感じることが出来ました。

そして姿を見た瞬間思わす「長く使ってもらってよかったね!」と

声をかけました。

自分たちが知っているランドセルと時代が違ってカラフルなランドセルが多いこと(笑)

赤、黒の定番以外にブラウン、ピンク、水色などいろんな種類のランドセル

年少の小学生が担いでいるブルーのランドセルはかわいいけど

体系の大きくなった高学年の小学生を見ると

ランドセルがあまりにも小さくちょっとかわいすぎるように見えたので

思わず「思わず使ってもらって良かったね」と声をかけたのかのしれません(笑)

その子は背中のことなので全く見えないので気にしていないかもしれませんが・・・

黒と赤ってすごく出来た色と痛感しました(笑)

img_982586_34495131_0.jpg

「経年変化」

「経年劣化」という言葉が支流かもしれませんが

私は家造りに関しては経年変化という言葉を使っています。

劣化ってなんかだめになったイメージが強く落ちぶれていくイメージが強いため

私は変化という言葉を使っています。

変化っていいですよね。

古くなるほど「ビンテージ」的な風格も表現できるし

なんかストーリー(物語)がイメージできる。

家族の成長記録みたいな感じで家も成長しているって感じが好きなんですよ

でも、5年位に安く建てた建物を見ると

「経年劣化」を感じるお家が当てすごく残念に感じます。

(紫外線で色が色あせたり、緑のカビで汚れた家や手入れされていない庭)

劣化って修理する事が多くて

結局安く買って高くつくってパターンで気の毒に思ってしまいます。

私は経年変化を楽しめる家作りを目指し

耐震やパッシブハウスを通じ

手入れをしながら世代を通じ

100年以上経年変化を楽しみながら

住めるお家を目指しています。

お家の購入を考えている方は

少しでも長持ちするようにそのお家に住める

性能基準をもった家造りを提案します。

皆さんが思っている以上にエネルギー&CO2問題深刻です。

次回その問題に関して掲載しますね。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ