ブログ

ホーム > ブログ >そば打ちって楽しいですよ!!
ブログ
そば打ちって楽しいですよ!! 投稿日:2014年04月17日

フェイスブックでも掲載しましたがそば作りを久々しました。

料理付きもここまでくれば立派とよく言われますが

手打ちそばって大げさですが男のロマンが詰まってるんですよね(笑)

2014-04-13 13.20.32.jpg

私が始めてそば作りを体験した場所は

備北公園内にある蕎麦打ち体験コーナーで教えてもらいましたが

そのおばさんが手際が良くてあれよあれよと言う

うちに蕎麦が打ちあがり蕎麦打ち体験と言うよりも

そば打ち見学って感じだったので

もうちょっときちんと教えてもらいたくなり

豊平のどんぐり村の蕎麦打ち体験に参加しました。

この道場はあの有名な高橋名人(ゲームの人じゃないですよ(笑))

携わっている道場で蕎麦打ちを本気でされている人もいて

広く浅くの精神で来た私にとってはすごく重苦しい感じでしたが

始まってみると和気アイアイとしてなかなか面白く教えていただき

遠いので通うことも出来ないのでまずは道具と思い

お約束の道具から入りました(笑)

蕎麦打ちの道具ピンきりでそんなに打つこともないのに

できる人みたいにいろんな道具をネットで見て探し一通り道具をそろえました(笑)

そして、肝心なそば粉を探すも、なかなか難しくピンきりなので

入門的には安くて良いかと500g¥500くらいのそば粉家にあった小麦粉

聞いた分量を適当に混ぜて作ってみました。

それが難しい事!!習った通りにならない上

水の分量がまったく分からなくなり

どろどろの泥粘土状態!!

蕎麦を伸ばすのもネチャネチャ

このまま捨てちゃおうと思いましたがもったいないので

とりあえず団子に近い状態でゆでて食べました。まずかった(涙)

ここであきらめないのが私の良い所(笑)

悔しかったのとことん自分なり

そば粉・つなぎ粉・水分量をあまり出てない

本屋調べて、当時インターネットもぼちぼちだったのですが

情報を屈指して調べ上げて2回目の蕎麦打ちを挑戦しました。

情報の中にそば粉やつなぎ粉の大切さが書いてあったので

わざわざ取り寄せ気合で練り上げた団子本の写真ように出来て大喜び!!

そして、伸ばす作業

これが本当に難しい!!

時期的に乾燥する時期だったたため

伸ばすのになれていないため不慣れな手つきで見よう見まねで

伸ばすも丸い形から正方形に出来ない(本当に難しいんですよ!!今でも満足に出来ない(笑))

あきらめて麺を切ろうと思ったらパサパサパラパラに悲惨な状態

とりあえず、麺っぽく切ったのはいいけど

寸胴で茹でる時には粉々状態

蕎麦を音を立てて食べる長さもなくこれまた悲惨な状況であきらめようとしましたが・・・

本当にしつこい性格なので次こそはと思い

再度挑戦しました。

乾燥する時期だったので少し前回よりも水分を多くして

練る時間も短く延ばす時間も出来るだけ短くすることを目指して

手際よく進めていくと思いのほか蕎麦屋さんの蕎麦らしくなり

とにかく麺のように切ってズルズルって音を立てながら食べたいと言う思いから

切る太さを無視してドタバタと完成させました(バンザーイ!)

そして、初めてまともに茹で上がった麺

「ズルッ」と食べると感動するくらいうまい麺が出来上がっていました(涙)

そして麺をざる蕎麦のようにお皿にのっけって食べようと準備すると

なんと、そうめんつゆしかない!!(号泣)

これって最悪な事態!

そうめんつゆ蕎麦のつゆ違い

皆さんもご存知だと思いますがこれは本当にない!!

仕方ないので茹で上がった麺だけ

そうめんつゆで食べ

すぐにスーパーに走り

蕎麦めんつゆ購入して

再び蕎麦を茹でて

蕎麦をすすって食べると

「うまい~ぃ!」って感動した経験を経て今に至っています(笑)

2014-04-13 14.50.57.jpg

今ではめんつゆまでこだわり

自分で昆布 かつお節 しょうゆ ザラメ みりん

調合してそばつゆも作りようになりました

まだまだ、発展途上ですけどね(笑)

2014-04-13 13.02.51.jpg

もう少し練習して今度、素人ですが体験会でも開きたいなぁ(笑)

2014-04-13 14.13.47.jpg

蕎麦打ちもそうですが季節や気候によって

住宅も常に状態違います。

色々なマニュアルデーターそしてシュミレーションってありますが

これって実際その数値通りにならない事が多い現実!

その部分だけを信用して進めて行くことには疑問残ります。

が出したお金の掛かった高度な大小データーでも破綻しているものが多い現実

失敗成功をたくさん繰り返し分析し

そこから生まれた経験知恵から

本物省エネ住宅健康住宅生まれます。

答えのない家作り

進歩し続ける家を創ることを心がけています。

 

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ