ブログ

ホーム > ブログ >健康について考える。
ブログ
健康について考える。 投稿日:2014年05月2日

健康について

いろいろな本やテレビで紹介していますが

これって、関心度が高いので売れる(視聴率がとれる)からでしょうね。

食べ物とかダイエットとかは特に切実に悩んでいる方も多いし

身近だから私もダイエットについていろいろな道具を買ったりしてますが

なかなか、成果が出ませんどうしてでしょうね??(笑)

原因は、良く分かってます(笑)

創業90年株式会社岡田工務店家造りの基本として

「人の生命と財産を守る」

継承してきました。

人の生命を守るとは

地震、火事、雨風、防犯、健康

財産を守る

経年劣化(変化)、光熱費の軽減促進

など

知識と知恵を工夫を屈指しバランス良く造って行く事が大切であり

私が目指す家作りです。

住まわれる方の家族構成や生活形態が時間が経つにつれ変化する事にも

順応して行くことで初めていい家になると思います。

家作りをする人は小説家であり芸術家、写真家であり漫画家

これらに共通する〇〇家と付く職業は「家」に関係ある事

作家、芸術家、落語家、画家、陶芸家、落語家、実業家、漫画家、料理研究家、写真家

小説家、彫刻家、音楽家、舞踊家、作曲家、政治家、評論家、楽天家??

これらの分野を広く浅く知識や興味を持つことでバランスの取れた良い家につながると思っています。

家作りを依頼する時人や工務店を選ぶヒントとして趣味を聞いてみると面白いですよ。

趣味の多い人はアイデアの引出が多いので、いい家につながると思っています。

ちょっと、話が脱線しましたが

人の生命と財産を守る」

という事で一番身近なことはやはり

「健康」

地震や火事は事故であり大切な事ですが備えで

健康は生活する上で日常になります。

その日常を考えると「家と健康の関係」の重要性が伝わると思います。

「家と健康の関係」

人の五感といわれますが(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)

images7.jpg

私は六感・予知能力 七感・推理、推側

これらも共通して言えることは命であり健康と思います。

特に五感は身近で毎日の事なのでこれらのバランスが

悪いとストレスがたまり不健康になる傾向が多く見られます。

家でこれらを当てはめてみると

視覚=内装の色、光(太陽光、照明光、影、反射光、)見えない光(紫外線、赤外線、今は、ブルーライト)ets

聴覚=自然の音(生活音、雨音)騒音(残響、共鳴、外部の音、超音)空気音(ドアを閉めるときなどの振動など)

触覚=内装材質感(足ざわり、手触り、肌触り)空気(風、温度熱、建材などからの発散する見えない分子)

味覚=空気(カビ、酸素、エアコン、埃)水、湿度、食品の保存、内装材から発生する分子、熱

嗅覚=空気(カビ、酸素、エアコン、埃)水、湿度、内装材から発生する匂い、体臭、熱

予知能力=内装材、空気、光、防犯、風水家相、霊??)

推理推測=内装材、経年変化、経年劣化)

などあらゆる感覚において家は順応して行く必要があります。

それに順応しない見えるところ見えないところで見つかると

それが見えないストレスになっていたり健康上問題※になります。

※しかし、人間はこれらの事に合わせる事の出来る能力を持っているので

気付いていないことが多いのですけどね(笑)

これらの事をすべてクリアーしている家というのは残念ながら出来ません(涙)

なぜならば、地球上の生命すべてが変化しているために

それに合わせて家や生活が変化対応出来ないためです。

しかし、私達家造りをする者は、少しでも理想に近い家を提供する義務があると思っています。

経験と知恵を活かし切磋琢磨して問題になる場所を推測し打ち消しながら

理想に近づける家を造る事を目指すことが大切!!

自分が住みたい家は 「健康に暮らせる家」

私が携わり造る家はすべて「自分が住みたい家」

ハウスメーカーのようにバンバンたくさん造れない訳は理想に近づけるために悩み尽くしているからです(笑)

「自信と不安」があるからこそ進歩がある。

私がよく思うこと

責任を持って仕事をしたら自信と不安が付きまとう

不安はおもてなし気持ちが強ければ強いほど

「どうだっただろう?」と思うのは必然の事なのかな?

時に「良かれ」としたことが裏目に出ることがある。

これって本当に難しいですね。

話し合いで解決できることが多いのでコミュニケーションを大切にしています(笑)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ