ブログ

ホーム > ブログ >広島土砂災害
ブログ
広島土砂災害 投稿日:2014年08月21日

広島でまた土砂災害が発生した。

緑井八木は西村ジョイに帰りに必ず見る風景でテレビの画像を見て愕然とした。

広島は山に囲まれて急傾斜地が多くがけ崩れも起こりやすい地域

1999年6月29日の土砂災害を思い出した。

あの時は、私は千代田にいて14時から猛烈な雨が降り、あっという間に川が氾濫し

屋代から飯室に向けて雨雲が動きそのルートで土石流が発生して多くの命が奪われた。

あの時は、昼間から夜にかけての大雨で多くの命は奪われましたが日中で状況を

把握することが出来ました。

しかし、今回の豪雨は、夜から朝にかけて周囲も確認できず状況判断出来ない状況

雷鳴も轟避難することが出来にくい状況だったと思います。

私が、ちょうど1999年の災害の時に雲の動きを分析したことがあります。

というか?広島の雲の動きはある程度決まっていて

11313.jpg

1111452.jpg

大雨の時は位置は違うにしても

この雲の流れ方向で大災害が起きているのと

土石流が起きている場所の山の形が似ているのが特徴

123456789.jpg

八木緑井の山の形、急な部分と緩やかな部分が混載している山(素人なので専門用語はわかりません)

大雨が降った時に水が流れきれずたまりやすく鉄砲水になりやすいのが特徴

これが、亀山地区などもこんな地形

広島北インター付の鈴張土石流もこんな感じでした。

谷があり真土

そしてこの様な地形

そして、雲道が、この方向の方はお家がある方は十分注意しましょう!!

そして、大雨警報が出た時は早めに非難することが重要になります。

ハザードマップ広島を見てチェックするもの良いでしょう!

http://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/portal/top.aspx

それと火災保険の確認もしておきましょう。

以前、保険に関して書いたブログです。

http://www.okadakomuten.com/blog1_img/cat5/post_119.html

何かしたいけど何もできないイライラしている自分

この数日邪魔にならずに役立つ方法がないか模索中です。

神戸の震災時復旧時に思ったこと、報道先行で現場との温度差

良かれと思っていっても返って邪魔になるばかり

冷静に状況を見ながらお手伝いしたいと思っています。

汚い言い方かもしれませんがやはりお金が一番!!

正当に公平に被災者の手にロスなく渡せる仕組みつくりが重要だと思います。

でも、どの募金にしても着服する輩がたくさんいるのが実情

沢山募金しても貰った人の顔が出てきたためしがない

これってどうにかなりませんかね。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ