ブログ

ホーム > ブログ >ムーミン展
ブログ
ムーミン展 投稿日:2014年09月4日

ムーミン展に広島県立美術館に行ってきました。

10:30分から12:00まで見所満載ですごく感動しました。

「一本一本の線の大切さ」

「言葉の深さ」

ムーミンに夢中になりそうです(笑)

9/6(土)までなので行かれていない方はお急ぎを!!

※めがねを忘れずに!

2014-09-04 11.55.42.jpg

「私なりの風水」

8月夏なのに雨ばかり、9月もその流れが続いて今日も雨

災害があった場所が気になって仕方ありません。

今年の天気は例年にない雨の当たり年

ちょっと、色々気になって1971年から2014年の8月の天気などを調べてみました。

今年の晴れという表現が出来たのはたった4日他の日は雨か曇り

1971年(43年)日照率において8月で過去最低レベルになっています。

当然、平均全天日射率も最低でした。

2014-09-04 17.50.49.jpg

2014-09-04 22.12.21.jpg

日照率が悪いと野菜や米など作物の高騰が考えられます。

太陽光を載せている方は、8月に関してですがちょっと計算が合わず

残念かも知れませんが9月に期待しましょう!!

(暑すぎてもエネルギー的に困るので微妙ですが・・・

広島で家造りをしているので特に広島の気象データーを分析する必要があると思って定期的に分析をしています。

気温や湿度、風向きは絶対でこれってすごく健康に関係してきます。

私はお医者さんではないですが、

家造りに関しての健康環境を考える事に関しては、専門知識を元にそれなりの知恵を持っています。

特に天気予報ではなく、天気や環境の過去を知り分析する事が重要です。

昔ながらに言われる風水や気学に家相に関しても

風と水や気は大変健康を考える上で大変参考になります。

風水、家相、気学は過去の生きるという経験から生まれた物です。

中国の風水から取り入れたものもありますが

本当は広島なら広島の風水の考え方があり(方位)

そして、家づくりにおいても色々と風水に近い解析する必要があります。

(風水や家相本に書いている内容が正解でないこともあるのでご注意を!)

西日本においての風、雨雲の動きは基本的に南南西に移動します。

都市部分平地があるところは南南西が海側、北北東が山側になっています。

(長崎、佐世保、熊本、霧島、都城、宇部、広島、倉敷、姫路、大阪、名古屋)

雨水が山に溜まり土砂をくずしながら谷になり、そして谷底が川になり海とつながる

一緒に石やらを小さく砕きながらデルタ地帯になり平地を作っています。

風の流れ=雨雲道

雲道を知る事は大変重要で

雨雲道に壁になる山があれば特に土砂災害の注意が必要です。

山の近くに住んでいるで北北東側に山があれば特に注意してください。

広島バージョンでしている私の風水チェックの方位は

(あまりややこしくなるのでお客さんには話していませんが)

鬼門   南南西

鬼門は   北北東

にしています。

グーグルマップ等をみて

広島湾から南南西から北北東を線で引いてみてください。

前回土砂災害があった地点、今回土砂災害があった地点

山と山の谷の部分の方位

小野田、福知山、亀岡などなどのすべてにの場所において

ほぼこの方位で大きな災害が起こっています。

2014-09-04 19.56.13.jpg

風の動きと家造りって、大切な命と健康と財産を守る家造りには本当に大切な事です。

なんか話が良く分からなくなりましたが

広島においての風水もどきが、もっと詳しく知りたい方はご一報ください(笑)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ