ブログ

ホーム > ブログ >結婚式スピーチ!!
ブログ
結婚式スピーチ!! 投稿日:2014年12月13日

先日、棟梁の結婚式があり来賓挨拶をさせていただきました。

自分で言うのは何ですがなかなか良いことを言ったと思います。(笑)

(ポイントだけであまり覚えていませんが(笑))

2014-12-13 11.04.02.jpg

話した内容、言いたかった事を折角なので書き残しておきます。

(このブログ実は活動記も兼ねています(笑))

夫婦円満で私達夫婦が何気なくしていること

1.いつも笑顔とわらい

2.あいさつ

3.思いやりの気持ち

半ば思いつきで話していましたがいざマイクの前に立つと緊張して

本当は高倉健がプロフェッショナルで言っていたことを言おうとしたのに

なぜか飛んでしまいました。

私達夫婦、結婚する前から考えるとなんだかんだで22年間一緒にいます。

その中で私たちが暗黙でやっていることは

いつも笑顔を心がけています。

時には笑顔が引き攣っていたり

笑顔の奥に秘めているものがありますが

そこを察する事が自然と出来てきます。(思いやりにつながる)

そして、「わらい」

人を笑わす事は大変難しい事です。

簡単な笑いもありますが深いわらいならななおさら

これは、どうしたら人が喜んでくれるか?とか笑ってくれるのか?

相手の事を思わないとなかなか難しいことで一緒にいる時間が長くなると

笑いの数が減っていくような気がするので必要なことです。(思いやりにつながる)

「あいさつ」にはスランプはない

大野豊選手が言っていました。

私も本当にそう思います。

夫婦で何かあったとき気まずい雰囲気になり

ちょっと言葉が掛けにくいときがありますが当たり前の会話

「おはよう」「お疲れさま」「行ってきます」「いってらっしゃい」「おかえり」「ただいま」

これを言うのにスランプはありません

でも、これをしっかり言うことが重要で

この言葉すらなくなってしまえば相当重症になってきます。

そうならないためにもあいさつは常日頃から掛け合うことが重要になります。

最後思いやり

高倉健がプロフェッショナルで言っていた言葉

「俳優は体が唯一の資産」

高倉健に限らず人間ってこれがすべてだと思います。

そのために体に関しての気遣いが重要になりそれを思いやることが重要になります。

よく昔いろいろな人に聞かれました。

「なんで結婚したの?」

実は、当時どう答えていいか?分かりませんでした(笑)

「好きだから」

「洗濯しなくていいから」

「めし作らなくていいから」

とありきたりの言葉を言っていました。

一人暮らしが長かったため一通りすべて人並み以上に出来たので

(どちらかといえば料理、家事好き)

まったく困っていませんでした。

「好きだから」って言えば当たり前すぎて(恥ずかしい(笑))

しかも付き合いが長くなればなるほど空気になって当たり前になってくるんですよね。

ずっと「何でだろう?」と思っていました。

その当時の女性がよく言っていた言葉!(もしこれ読んだら怒られるかも・・・)

「今の時間が楽しいし、みんなでわいわいするのがたのしんよ」

「今しか出来んしねぇ」

「好きだけじゃ結婚できんのんのんよねぇ~」

「誰かおらん?」

最後は矛盾はよくわかりませんが

「確かに!」と思いながら上に書いたことを

その女性に言ったら

「女は道具じゃないんよ!!」

激怒され泣かされた記憶があります(笑)

あれから十数年たち子供が出来母と同居して家族という形が確立され

22年たってもまったく変わらない私達

時間と共に「結婚した理由」がわかりました。

「思いやれる人がいることの喜び」

「思いやってくれる人がいる幸せ」

付き合い始めて、結婚して、子供が出来て、同居して家族が大きくなって

常にみんなが共通の気持ちであり一緒にいる理由

「体が唯一の資産」って言う言葉も

家族が何に一番「思いやりの力」を注いでいるのか?といえば

やはり「健康」と思っています。

私の家造りも「思いやりを全力注入」しながら考え作っています。

カッコイイとか性能がいいとかだけではなく

家も家族の一員なので「思いやりのある家」というのが本当に重要になります。

 

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ