ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「あたり?はずれ?機械って壊れるよなぁ~」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「あたり?はずれ?機械って壊れるよなぁ~」 投稿日:2015年04月25日

ゴールデンウィークが近づいていますね。

「どこに行こう?」と家族で相談しているうちにもうこんな時期になりました。

広島って観光地で全国からいろいろな人が集まってくる場所

世界遺産の「原爆ドーム」「宮島」から平和公園で行われる「フラワーフェスティバル」

いろいろな所でイベントが開かれるので参加すれば良いけど

「多いよね~」と行く前からうんざりモードに入っています。

自分がイベントを開く時なかなか人が集まらないのでどうしたら集まってもらえるか

考えているんですがポイントがたくさん隠れていると思うので参加する側になって考えて

面白いイベントを作って行きたいと思います。

トータルテンボス「ぐるぐるスクール」で使われた

2015-04-05 20.24.28.jpg

「UP.] UshitaParkとキッチン付イベントスペースで

「釣り名人とお魚アカデミー」と言うイベントを開催いたします。

http://ushitapark.com/

https://www.facebook.com/events/905827689458839/

ゴールデンウィークにつりでも行きたいなぁ~と企画しました。

自然と遊ぶイベントも楽しいと思います。

お時間があれば是非お立ち寄りください

「あたり?はずれ?機械壊れるよなぁ~」

住宅の中に家電と住宅設備であふれています。

家電

テレビブルーレイ、オーディオ、洗濯機冷蔵庫電子レンジ

調理機械、ドライヤー、PC、プリンター、携帯、電話

住宅設備

エコキュートガス給湯機食器洗い機、換気扇、IHガスコンロ

エアコン、24h換気扇、照明器具トイレ、浴室、キッチン、洗面化粧台

テレビアンテナ、太陽光発電ヘムス、電動シャッター、電動カーテン

住宅の中で機械があふれています。

便利と言う言葉が優先して増える事でリスクも増えると言う事

これがなかなか理解していません

先日もあるお客様の1年ちょっとで給湯設備が故障しました。

一年ちょっとの微妙な時期の故障

お客様が直接メーカーアフターサービスに連絡して修理依頼

月曜日に修理ができると報告を受けたのに実際にきたメーカー工事業者は

部品が水曜日に入るからそれまでお待ちくださいと言われ

言った事が違う「メーカーの対応が悪い」と連絡を受けました。

私も「何でそんなに時期が壊れるの?」と疑問に思い話をしたら

「機械だからあたりはずれがあります」

と言う答えが返ってきました。

「???????????んっ?」

はてなマークがいくつあっても足りない位の

その言葉で「納得できる??」

家電製品や住宅設備機械と言われる商品

「あたりはずれがある」という言葉が通用している事が

なんか不に落ちないのでメラメラと燃える「義」が芽生え

取引先に連絡して話をしてもらい

「微妙な長期保証するとか何とか?」言っていましたが

あてにならないので商品交換をしてもらう運びにしました。

住宅でいろいろな要素が増えると「あたりはずれ」と言う

確立が増えてきます。

メーカー工場→代理店→お家と言う風に商品は運ばれてきます。

工場集荷からどれだけにわたって動かされたかによっても

機械の壊れる確立は上がってきます。

そこがあたりはずれの原因にもなっていると思います。

そこで大切な事は「その商品が壊れた時どう対応できるか?」に関わってきます。

メーカー→商社→代理店→住宅会社という流れでお金が流れます

良くわからないブランドやメーカーよりも代理店が弱かったたりする所、お客様の仕入れ材料等は安く手に入るかも知れませんが

壊れた時の対応がメーカー直になる事が多く結局予想外の修理代金を払う事になります。

経営が安定している代理店から直仕入れると、少し高くても取引する事で

あたりはずれに対応する事が出来ます。

(「じゃあ工務店って駄目ジャン!」と突っ込まれるかも知れませんがそこはちょっと違います(苦笑))

機械に関してはいくらがんばっても工務店の職人さんでは治す事が出来ません

本当にこれって家造りに対して重要なポイントになります。

スマートハウスなど機械に頼るお家のリスクを考えるとすごく大きく

過剰に高い機械を使わない

修理に対しての対応がしっかり出来る取引業者を使っているか

交換するにしてでも交換しやすい商品

これが私は原則だと思い、家造りをしています。

「サイディングなぜ使わないの?」

と聞かれるのですがサイディングも実は機械(住宅設備と同じような扱い)

サイディング職人さんの施工レベルに「あたりはずれ」がある。

漏水した時にメーカー責任か施工責任か明確に出来ない。

耐久性が短く修繕費がかかると言う事

でっサイディングを使いたくない理由は、自分で責任が取れない事ですね。

でもなぜ、サイディングが普及しているか?

手離れがいい。(建築用語)

施工不良が見つかりにくい

施工不良があっても天候や気候のせいに出来る。

見栄えがいいのでインパクトがある。

結局何が書きたいかわからなくなってきましたが伝えたい事は

機械にたくさんのお金をかけてお家を造るよりも

壊れない部分でお金をかける

省エネ断熱性気密性健康デザインに配慮した家造りをする事で

少しでもお金に余裕を持っておいしい物を食べたり遊びに行ったりした方が

ストレスためなくて良いと思っています。

健康住宅の基本かも(笑)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ