ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「温度差」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「温度差」 投稿日:2015年05月21日

少し筒気温が上がりちょうど良い気候になってきましたね。

日曜日、お客様の家から自転車で帰り道

晴れ渡る天気を見て

「ピクニックがしたい!」と思い

現場の職人さんの打合せを早めに終わらせ

さっさと家に帰って

「ピクニックに行くから今から弁当つくるよ」

家族に告げ弁当作りに入りましたが

2015-05-17 13.06.43.jpg

嫁さんは

「えっ?また!何?」

突然の申し出にあきれていましたが、

いつもの事なので乗ってくれました(笑)

今回のピクニックに選んだ場所は「吉島の釣り公園」

ちょっと前に下見で環境チェック済みだったのでイメージできていたので

釣り竿と餌を買って持っていき釣りをしながらお弁当を食べるという

何とも贅沢なスタイルで楽しみました。

2015-05-17 15.01.25.jpg

ここまでは良かったのですが釣りをする目的できたはずが

この公園には、芝生の広場があり

ボールとかフリスビーとか色々と遊び道具を持ってきていたため

「お父さんドッチボールしよう!」と子供たちは釣よりも

ボール遊びに夢中になり釣りの事はそっちのけ

2015-05-17 15.01.35.jpg

放置していた竿を上げてみると

小さなハゼが釣れていました(笑)

2015-05-17 17.25.15.jpg

何とも忙しいけど楽しい一日でした(笑)

「温度差」

人と人が必ず一緒にいれば起こる温度差

「衣食住+遊」の中でも沢山経験していると思います。

着こむ洋服の数

食べ物の味覚や温度差

住環境の暑い寒い

そして、今回の様な釣りとドッチボール(笑)

この必ず起こりうる温度差を「どれだけ理解しているか?」で

お互いの不快感をなくす事ができます。

家造りもこのことを考えて知って造ることで満足感が変わってきます。

子供の成長状態や年を取ることで出てくる温度差

造り手と住み手の温度差

色々な所で温度差が生まれ生まれますが

その温度差が少なくなるようにすることが大切だと思います。

それが温度差を縮める一番の方法は

会話(コミュニケーション)予測と思っています。

話し合う事でお互いを知ることができ理解しあえる。

「こうなるだろう」と予測してお互いを気遣う

なかなか難しいですが、家造りには大変重要な事なんですよ。

この話ってすごく奥が深く(沢山の家づくりをしてきた経験話)

生と死、別れにもつながるんですよねぇ~!

文章力がないのでここまでですが話が出来る機会があればいいですね(笑)

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ