ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「カビについて」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「カビについて」 投稿日:2015年06月4日

広島も梅雨入りしました。

広島のタクシーに乗ってもお店に行っても

広島人と話ていると広島カープの愚痴ばかり

「中崎が悪い」とか、「永川が顔が自信がなさそう」とか

「緒方監督の采配が悪い」とか「一年目だからしょうがない」とか

色々と意見を聴き、どのようにしたら良くなるか聞かれ

本当にみんな真剣に考えているんですよねぇ~!

それほど「カープ愛」が強いという事でしょう!

広島の梅雨は開幕当時からシーズン終わりまで続きそうです(笑)

「カビについて」

梅雨になるとカビが生えやすくなります。

目にわかりやすいカビ健康上、本当に体に害になりやすいので注意したい所

私は実はデリケートな体をしているので体がセンサーになっているみたいです。

ちょっと、湿度が高い所やほこりっぽい所に行けばくしゃみ鼻水がでたりしたり

して大変です。わたしのこの要因に挙げられる一つはカビがあります。

この時期湿度と温度が高くなりカビが生えやすい状況になります。

温度20度以上 湿度65%になると発生するため65%以下を目指すように工夫することが

望ましいのでまず、その環境にならないように工夫する必要があります。

そのために主要な場所に温度湿度計を設置することをお勧めします。

湿度や温度を下げる作業で梅雨時期は換気をして外気を取り入れようとしても

湿度が高い空気が入ってくるのでなかなか難しいのですがエアコンをかけて

調整することが望ましいのですが結構これも家々によって違い難しいので

家でいろいろと試しながら湿度を下げる方法を見つけるのが一番です。

さて、住宅には必ず天井と壁、壁と壁にぶつかりへっこんだところ(入隅)があります。

その部分は平べったい壁よりも空気だまりになりやすく湿度や温度がたまりやすいので

セキュレーターを壁に向かって吹くこともすごく効果的です。

温度が低い北側に断熱性の弱いユニットバスやユニットバスの裏側に断熱をしていない場合

ユニットバスの入隅部分にカビが生えてくるので

ユニットバスを交換する時は断熱工事も同時にすることをお勧めします。

45℃のお湯をかけるとカビが死滅するのでお勧めです。

雨の日に少し窓を開けて風を通すよりもきちんと閉めて

エアコンを掛けるの方がカビに対しての健康上は良いと思います

(エアコンのフィルターのお掃除をする前提ですが(笑))

新築時の年度点検で

私は住宅点検で温湿度チェックをするのですが

DSC08073.JPG

そのことでお家のカビ発生指数がだいたいわかります。

この時期、鼻のムズムズが止まらない、くしゃみが止まらない、微熱がある

とかカビが原因という事もありますのでちょっと試してみてもいいですよ

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ