ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「空気」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「空気」 投稿日:2015年07月6日

台風が3個も同時にでき

今年は台風の当たり年になりそうですね。

ひまわり8号の制度がよくなりましたが天気予報って難しいのか

このところ外れてばっかりで困ってしまいます。

夏はもうそこまで来ています。

子供たちの夏休みも(笑)

「空気」

空気.bmp

空気と水って人間が生きていく中で絶対必要な要素

おならの空気はなんとなく黄色く見えますが(笑)

実際に空気って見えないので厄介なんですよね。

大気中にある空気の種類

空気くうき」は、なん種類しゅるいかの気体きたいざってできている。

やく78%がちっ

やく21%が酸素

二酸化炭素にさんかたんそやアルゴンなどがふくまれています。

窒素は体に及ぼす影響は少ない

酸素21%がポイントで21%が人間にとって最適な量で18%以下になると

人間体調に異変が起こり、酸素消費量と寿命との関係も大きく関係しています。

酸素消費量が多い生き物は寿命が短いみたいで酸素ってすごく大切

もし、酸素濃度が2倍だったら大きく育つらしく。

恐竜がいた時代の酸素濃度は高かったんだろうなぁ~と思います。

二酸化炭素も健康の上で重要な関わりを持っています。

二酸化炭素の濃度が高くなると思考能力低下や疲れやすくなったり

眠くなったりいろいろと障害が出てきます。

大気中の二酸化炭素濃度が近年360→400ppmになったと言われます。

私が測定するとやはり外部の二酸化炭素は400ppmを超えてるなぁ~と

感じる事が多くなりました。

1000ppmを基準に私は考えていますが、1000ppmになれば思考能力や眠気が襲い

集中しにくい環境になり空気の入れ替えが必要になります。

近年、エアコンや家電製品燃焼器具などで

二酸化炭素の上昇率が高くなって来ている様な気がします。

色々と測定機械があるので調査してみると面白い結果があり

「こんな機械がCO2濃度を上げているのか!」という発見をしています。

さて、西洋の文化と日本の文化の違いって畳生活と椅子の生活の違いがあり

温度差によって空気の層があるのを皆さんご存知ですか?

その層って実際生活する中ですごく大事な事で天井高さと生活の高さで

空気のおいしさ?空気感?が変わってきます。

これって、あまり気にしていないかもしれませんが重要な事です。

本来は天井高さって高い方が空気容積が増えるからいいのですが

「省エネ的」にどうかな?と思います。

最適天井高さっていくらが良いか?といろいろと調査すると

床面積にもよるのですが、天井高の低い平均2.1mは余りおすすめできません(うちの事務所で実験済み)

畳コーナー的な場所はのぞきます。

空気がすぐ汚れて健康上あまり良くないので

私はある程度、理由基準を決めて天井高さを設定しています。

それと日本の住宅の床が冷たいと空気の温度差が出来て軸が下がってきます。

これっていくら天井高さが高くても温度分布的に生活高さに軸がきやすいので

部屋の床~天井の温度差がない事が健康を維持するために大切な事だと思っています。

空気って見えないだからしっかりと考えて家造りしていきたいと思っています。

「なんかいい?」ってよく言われるんですが、実はそこにあるんですよね。

詳しく書きたいのですが、熱くなるので割愛

見えない所だから説明しにくいし伝わりにくいですが、結構こだわっています(笑)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ