ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「広がり造り」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「広がり造り」 投稿日:2015年08月12日

家遊び「遊家」

ただいま施工中のお客様のメインドアを家族みんなで色塗りいたしました。

WOODONEの無塗装品を入れてもらい塗装屋さん立会いのもと

ドイツ自然塗料のリボスで家族みんなで塗り塗り作業

DSC08504.JPG

お子さんのワイルドワイドな色塗りにお父さんはひやひやしながら

素手で思いっきり汗を流しながら塗り込みました。

最後に日付を書き完成!!

2015-08-08 11.40.59.jpg

このお家のお金で替えない価値の有る一枚のドアになったと思います。

「夏休みの自由工作で学校にもって行きたい」

と言われましたが

さすがに(苦笑)

「広がり造り」

大きな家憧れます。

広島市内では土地が高く

家をどう広く見せるか?

色々と考えて工夫がしています。

当たり前に造る事は出来ますが

細かい所を色々と工夫する事で

部屋を少しでも広く見せる事が出来ます。

この方法で一番大事なのは目の動き

目は見た情報を瞬時に心に伝える力を持っています。

広告や雑誌のデザインでもよく使われる手法

読みやすくする工夫

この手法は住宅でも大変重要で

視線を上下左右に誘導してわざと

見せたいところと見せたくない所で強弱を付ける事で

目を誘導させて無駄な情報を入れない工夫する事で部屋を

広く見せることができます。

色を使い分ける事で部屋を大きく見せる工夫が出来ます。

基本的には天井壁のクロスを同色に見せるのはことは良くしますが

私は遠近法を使って広く見せるように工夫しています。

これは望遠鏡を反対に見て遊んだ事があると思いますが

同じ距離でも奥行感を作ることで広さを感じさせることができます。

それとカメラアングルの取り方とかパースの手法で

目線を動かす事で大きな効果があります。

その他に少しでも違和感のない納まり造り

スッキリ見せる手法

光の計画で家全体を大きく見せる事が出来ます。

このテクニックは省エネに凄く効果があるので

私の家造りには欠かせないテクニックです。

「思ったより広いね」と良く言われますが色々と細かく工夫しています。

今回、UshitaPassiveⅡでも沢山の工夫をしています。

20日(木)16:00から19:30まで見学会を開催

わずわずかな時間ですがお楽しみに

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ