ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「センス」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「センス」 投稿日:2015年09月16日

シルバーウィークという休みが来週あります。

今年の休み

日曜祭日 68日

土曜日 51日

正月休み、盆休みを入れてなんだかんだで126日の休み

約4ヶ月の休みです。来年「山の日」が増えるらしいですね。

こんなに休みが多かったらさすがに私達は資材調達が出来なくなるので困る事が多いんです。

土曜日が休みだから多く感じるのだと思います。

1989年高度成長でピーク→1991年バブル崩壊→1995年学校土曜全休

もう、土曜日が全休休みになって20年になるんですね。

じゃあ国民みんなが今やる気を出して休みを返上してがんばったらどうなるか?

企業であれば人件費がかかりすぎてコストがが上がったり在庫が増えたりバランスが崩れていく

海外シフトで工場拠点を作ったために国内でがんばっても実にならない構造が出来上がりました。

建設業にかかわる私達としてはもっとこれから問題になる事が出てきます。

いくら工場生産で規格品が完成出荷できてもそれを組み立てる人(職人さん)がいない問題

現在すでに発生していますが職人さん不足は本当に深刻になっています。

特に40代50代の職人さんがいない(バブル世代3K)

その世の中が休んでいる中でも職人さんは稼動しないと追いつかない状況

しかし、材料屋さんが休みだったり祭日作業が出来ないと

時間に追われ良質なものが減っていき建設コストも当然上がって行きます。

昭和46年から60年のオイルショック高度成長時代にもそのような時代

仕事に対して本当に職人さんがいなくて、掻き集めた職人で月給を払ったらいなくなったり

宮大工と言うので仕事を頼んだら全然出来なかったり、頼んでも材料が入らなかったり

この時代異常に宮大工と名乗る人が多かったらしいく(宮大工偽装事件が頻繁に発生したらしいです。(笑))

先代の苦労話を聞くと職人さんや下請けさんを大切にする事は大事とつくづく思います。

今、私と共に時代を生きていける職人さんが廻りにたくさんいることが私にとって宝です。

「センス」

きれいな納まりなどを要求する上でどうしても必要な事

それは棟梁や職人さんのセンスこれってすごく重要なんですよ

基本的に納まりって決まっているのですが

それをきれいにみせる為には微妙な棟梁や職人さんの工夫とエッセンスが必要で

そのセンスの違いで大きく仕上がりが変わってくるんですよね。

当然ですが、現場監督のセンスも重要ですけどね。

たくさんのメーカー住宅を造ってきましたが

「同じ工法、同じ仕様で作ったのにどうしてこんなに出来栄えが違うのか?」

疑問に思って研究した結果、センスの重要性を認識しました。

(これって本当!!ですよ)

いくら仕事が速くてもいくら丁寧でもこれって不思議です。

それをみてきて一緒にやってきたうちの棟梁や職人さん達はみんなセンス良い

弊社の自慢です。(笑)

ou_1113u__0144.JPG

oka1007__092.JPG

ou__051.JPG

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ