ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「おいしい空気とおいしい水」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「おいしい空気とおいしい水」 投稿日:2015年09月25日

シルバーウイークも終わりました。

今回のシルバーウイークは当分なく次は22年後らしいです。

22年後って何歳と思いますが気が遠くなりそうなのであまり考えません(笑)

私のシルバーウィークは友達が東京から帰ってくると言う事で盛りだくさん

バーベキューをしたり宮島の弥山に上ったり忙しい二日間を過ごしました。

自称バーベキューの達人的には

BBQをおしゃれにしたいと思い出しイメージするようになり

道具やレイアウトにもこだわりながらするとより一層楽しくなりますね。

今回は時間の関係でダッチオーブンは出しませんでしたが

子供達も大きくなってきたので仲間で遠征しても良いかなぁ~と思っています。

お客様ともBBQやキャンプの話をして入るのですが話ばかりなので

是非、皆さんと今度一緒に出来ればなぁ~と思っています。

2015-09-20 13.22.34.jpg

2015-09-20 14.42.10.jpg

「おいしい空気とおいしい水」

おいしい水、おいしい空気と言いますが

おいしい空気やおいしい水って「どんな味がするの?」と思った事ありませんか?

空気も水も透明でわかりにくく感覚でおいしいと思っています。

人間が味を感じるのは視覚から始まりおいしそうと感じ

嗅覚で確認し味覚で感じて始めておいしさが伝わるメカニズムになっています。

おいしい水と言うのもおいしい空気と言うのも味がわかりにくいので

実際は感覚で判断している事が多く言葉で言っていても、実際は良くわかっていないと思います。

おいしいと感じる要素の中に温度も関係しています・

人間は冷たい空気の方が透明感を感じおいしいと思い、ぬるい水だとぬめりを感じまずく思う性質があり

冷たい井戸水を飲む時「おいしぃ~」と良くテレビでも表現していると思います。

空気も冷たい空気の方が空気が「おいしぃ~」と表現しています。

別荘地で朝「澄んだ空気の森林浴」と言いますが

これも冷たい空気と湿度とのちょうど良いバランスだと思っています。

緑の木陰で涼しいから空気がおいしく感じ

植物公園の温室で空気がおいしいと思う方は少ないと思います。(ぬるっとした空気)

温度と空気とのバランスってすごく大切なんですよね。

それとおいしい空気とおいしい水として大切な要素に臭いも大きなかかわりを持っています。

水道水から出るカルキ臭これが強いと水はおいしくありません

いくら田舎でも肥料の臭いなんておいしい空気台無しです。

住宅でおいしい空気にするためにどうすたら良いか?

おいしい水を飲むためにどういたら良いか?

色々考えてきました。

夏は冷房で比較的簡単においしい空気を演出する事は出来るのですが

問題は冬なんですよね。

冷たい空気をいれると寒いし、温度を上げると乾燥するし

色々考えて造っていくうち答えが見えてきました。

それはやはり健康住宅に関してもつながると思います。

「おいしい空気」って普段見えない分、気を使わないといけない所

CO2濃度を含め「おいしい空気」にこだわってます。

私のおいしいと思う空気はBBQで焼けた肉の空気です(笑)

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ