ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「耐震技術者講習」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「耐震技術者講習」 投稿日:2015年11月19日

久々に東京にいってきました。

新幹線派のどうしても10:00からの開始の研修は前入りないといけないので

いいのか悪いのかわかりませんが、折角いくのだから楽しんできました。

東京にも小学校からの友達がいるので声をかけたら気持ちよく集まってくれました。

東京の人気スポットという事で何かないか?

という事でまずはおっさん二人で

「ハワイアンパンケーキファクトリー」

IMG_6107.JPG

原宿では朝から1時間待ちらしいのですがお台場ではゆっくり座れました。

空気がたくさん入ったホイップが軽く食べやすいホットケーキでした。

名前がわからなくて調べてみたら広島ソレイユとアルパークにありましたので

是非行ってみたください。

この日の楽しみは

今、私の中でのマイブームの熟成牛

専用のドライエージング冷蔵庫でしているこだわりを持っているお店を探すと

「LB6」

デザートは別腹といいますが私の場合は肉は別腹

2015-11-16 21.19.13.jpg

本当においしかったです。

東京に寄った時は是非食べていただきたいと思います。

「耐震技術者認定者講習会」

私の本来の目的は「耐震技術認定者講習」

2005年に取ってからもう10年経ちました。

5年おきの講習ですがこの講習を受けるたたびに

初心の気持ちを持つことができるので必要な講習と思っています。

この耐震技術者講習(木耐協主催)は、既存住宅の耐震補強というイメージが大きいのですが

実は、新築住宅にも必要な知識と思っています。

現在の木造住宅はプレカット(工場で加工)という形が多く

その設計は、プレカット工場にいるオペレーターが設計することが多いのですが

プレカットパズルで梁が組めない形になることや

柱の垂直荷重で梁せいを決めることが多く構造計算で重心と剛心

平面上バランスで決めていきます。

今は床を構造用合板で面で持たせるようにしていますが

木の組み方で力の入れ方逃がし方が決まってきます。

筋交いの方向に関しての力の持っていきかたや梁にかかる負担などの逃がし方など

家に対するバランスが大きく変わってきます。

このバランスが良いと家が変形しにくいため家の傷み方に絶対的な差が出てきます。

プレカットチェックが自らするのは

お金がかからず家を強くするこだわりの一つです。

昔の建物は棟梁が木組みを決めていました。

あまり知識がない大工が建てた家は本当にいろいろな問題が出てきます。

2015-11-14 09.20.49.jpg

筋交いが入っているので問題ないように見えますがまったく意味のない筋交い

中古物件を購入するときは

総合的に知識のある人にインスペクションを受けて購入することをお勧めします。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ