ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ「ダイニング>リビング」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ「ダイニング>リビング」 投稿日:2016年03月10日

母が77歳を迎えうれしく思います。

いつまでも変わらない母ですがやはり年老いてきたと思います。

同居して生活しているのですが、

それぞれがバランスよく譲りあいながら生活できているので

妻に母に感謝しています。

互いに思いやる心って大事ですよね。

色々思いはあると思いますがこのバランスが崩れないように

思いやり気持ちを注いでいきたいと思っています。

これから訪れる高齢者介護について話し合い準備していく事が大事かなと思っています。

「ダイニング>リビング」

仕事がらお客様のお家にお伺いすることが多くあります。

たくさんのお家を建ててきて思うことはリビングとダイニングの使用比率って

ダイニングの高い気がするんですよね。

そもそもリビング(居間)とは家族一家団欒を楽しみ、寛ぐ部屋

ゲストルームとしてリビングを兼用することが多いい考え方になっていますが果たして

それが正解なのか?と思うことが多くなりました。

大豪邸なら別ですが一般のお家で友達とお茶をしたり、

来客者と話をするときダイニングテーブルで話をする方が

お互い楽で目線がそろうため話しやすいんですよね。

でも、リビングで話をするとどうもお茶を飲むのも飲みにくいし、話も落ち着いて話しにくい

そもそもリビングは家族一家団欒を楽しみ、寛ぐ部屋なのにそうでもない人がくつろげるか?

という事になります。

なので、リビングとダイニングの考え方を変えダイニングの用途を広げ

リビングの考えを家族が寛ぐ場所に特化する考え方を広げていきたいと思っています。

ゲストダイニング(GD)&プライベートリビング(PL)

takasudai (32).JPG

oku0821n__132 - コピー.JPG

しかし、共通していることは、会話を楽しめる空間づくりと工夫ですね。

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ