ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「太陽さんと蒸気」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「太陽さんと蒸気」 投稿日:2016年03月24日

春の近づきを感じられる陽気

そして、縮景園の桜の開花宣言がされました。

牛田に住んでいると二股土手にという名称の通りは桜土手と言われ

私が小さな頃はまだきれいに咲いていました。

毎年、桜の時期になると毎年白鳥公園で桜の写真を撮りに行っているのですが

不思議なもので桜の花びらの色が毎年違うんですよね?

IMGP1166.JPG

2008.4.6

IMGP4171sak.JPG

2010.4.5

IMGP6556.JPG

2010.4.4

DSC05398.JPG

2011.4.10

IMGP8321.JPG

IMGP8346.JPGのサムネイル画像

2012.4.6

DSC01021.JPG

2013.3.31

IMGP0190.JPG

2014

DSC00927.JPG

2015

毎年同じ公園で撮る時間帯天気によって風景って変わる所が良んですよね。

今年の桜に出会えるか楽しみです。

「太陽さんと蒸気」

朝の光と夕方の光ってやさしさが違うんですよね。

朝日がまぶしいのも夕日がやさしいのも理由があります。

仕事で大崎上島に行くのにフェリーを使うのですが

そこで体験するのは

早朝は「やるぞー」っという気持ちになって

夕日は、センチメンタルになるんですよね。(笑)

ルパン三世のエンディングソングの時の絵が象徴しています。

「ルパン三世 エ...」の画像検索結果

さて、朝日と夕日でなぜ見え方が違うのか?

それは、空気中の湿度で変わってくるといわれています。

夏、海水温が低く、夕方は日中太陽の光で暖められた

海水の蒸気で光を屈折させて光を見せるためやさしい光に変わるそうです。

これは家造りにおいての窓の配置や家の見え方で重要な要素を秘めています。

朝日が強く入る位置に明るさを求めて

東側に大きく窓を配置するとまぶしすぎてレースやカーテンを閉めると返って

そこの部分がすごく暗くなったり

シャープに見せたいイメージで外壁を色決めしたのが太陽の光が弱くて淀んで見えたり

影が強くなったりと色々とイメージが変わってきます。

家造りにおいて、太陽さんの特徴を知っておくことってとっても重要なんですよ!!

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ