ブログ

ホーム > ブログ >広島 健康住宅パッシブライフ 「つゆとどくだみ」
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「つゆとどくだみ」 投稿日:2016年06月10日
こっそりと学びごとをしているのですが
恥ずかしながら小学校、中学校時
部活とバンドであまり漢字等をお勉強していないため漢字が読めないしかけない。
文章読解力を求めて答えを導く資格って漢字が読めないって相当不利ですね。
子供が漢字や本読み宿題をしているのですが子供に言いました。
「今のやってる基本漢字の勉強がすごく役立つんだよ」
「お父さんなんて漢字が読めないから声を出して文章を読むのが遅いだろ早く正確に文章を読む事ができれば今こうして苦労していないよ。だから、漢字の読み書きをしっかりするんだよ」
心から訴えてしまいました。(笑)
親は子供に苦労させたくないから伝える。
子供は現実に直面していないから聞こうとしない。
大人になって直面して苦労する(今ここ!)
そこで、少しでも聞くかどうかで差が出るんでしょうね。
聞く聞かない抜きにして
「ただ勉強しなさい!」って言うだけでなく
「だから勉強したほうがいいんだよ」
言葉の方が受け入れやすいかもしれませんね。
妻が子供に言う
「宿題終わったんねぇ~」
「はよしんさいゃ~」
と言う声が私にも心にもグサッと刺さり日曜日の夕方
親子そろってダイニングテーブルでならんで勉強しています(笑)
「つゆとどくだみ」
どくだみ草ってご存知ですか?
2016-06-10 09.06.34.jpg
私は、おばあちゃんが昔から乾燥させ、お茶などにしてきたので
小さなころから親しんできた薬草です。
葉っぱはハートで、今の時期は白い花を咲かせます。
どくだみ草って、すごく牛田にたくさん生息しているんですよ。
さて、梅雨の時期に花を咲かせるどくだみかわいいですが
臭いがきつく嫌われる傾向にあります。
生命力も強く駆除するのは厄介な種類の植物です。
私は、どくだみ草をみて住環境チェックをしています。
どくだみは日のあたりが悪く、風通りが悪い場所によく繁殖する植物で
その草がある場所の敷地は日当り、風の通りが悪く湿気が多いと予測されます。
お家のブロック塀足元のそばやフェンスのそば
そして、家と家の間に育っているのはその条件がそろっているからです。
そのような場所では風通しが悪く、湿気が多くなりやすいので
どくだみ草にとっては最高の環境になります。
外壁や基礎の立ち上がり、外壁のブロックが緑色に変色している家があると思います。
2016-06-09 11.48.59.jpg
原因は藻やカビが発生し、壁がなかなか乾燥しないため菌が繁殖するためです。
(どくだみの環境と通じるものがあります)
これは日当たりが悪く、湿気や水分が壁に付着したままで放置しておくと大変見苦しくなります。
軒の出を充分出し壁を濡らさない方法が必要となります。
サイディングの家や昔の工夫していないモルタル家で壁全面緑色に変色している家は
これは断熱性能が悪いのが原因です。
広島では、比較的寒い地域の団地の家を見ると新しいのにカビカビの家が多く見られると思います。
(光触媒でも日が当たらないと意味がない)
安かろう良かろうで建てた家もしくは、見た目だけのきれいな家造りをする
住宅会社(メーカー含む30年前の進歩ない家造りをしている)
致命傷的な構造問題があるので軒の出の問題でなく防ぎようがないのですが
湿気が多く、風通しの悪いとより一層広がります。
DSC08095.JPG
これらを少しでも減らそうとするとすれば面倒ですが、こまめな水洗いしかありません
高圧洗浄機などの噴霧系のどちらかのやわらかい噴射で軽く水洗いすると言う方法になりますが
外壁の仕上材や強さなどを確認して洗うようにしてください。
梅雨時期は特に湿気が多くカビが繁殖しやすい季節
つゆが終わるころに日の当たりの悪い外壁洗浄をお勧めいたします。
ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ