ブログ

ホーム > ブログ >広島 工務店  健康住宅パッシブライフ 「ねぐらを考える」
ブログ
広島 工務店  健康住宅パッシブライフ 「ねぐらを考える」 投稿日:2017年02月4日

あれ?

もう二月

あっという間ですね。

時間に追われている感のもあって、時間がたつのがすごく早い早い

先日、年金暮らしのおじさんが家に来て一話

「週3回のグランドゴルフと二週間に一回の図書館通いだけ」

「趣味を見つけるもお金かかるし、若いころからしていないとついていけないし」

「退屈で時間がたつのが遅くてストレスなんだよね」

「ほぉ~時間があるってうらやましいなぁ~」

「時間がたつのが早いのは自分が充実しているという事」

「脳も体も疲れて眠れるのが一番スッキリする」

「ほどよく息抜きしてスッキリさせることこれが大事」

「お互いないものねだりだね」(笑)と言って話しました

「一番つらいのは眠れないことや眠いこと」時間が不規則になるので眠りは大切

これが年を取って一番苦労しとるよ!とのことでした。

私もここ何年も研究している眠りについていろいろといろいろと研究しています。

どうしたら、良い「ねぐら」ができるか?

研究しながら少しづつ活かしています。

ちょっと、箇条書きで何のことかわからないかもしれまんが「睡眠メカニズム」参考にしてみてみてください。

睡眠メカニズム

1.呼吸が遅くなり、両目左右に動き出す

    脳波の周波数の低下

    「シーター波」  眼が覚めると眠った自覚がない

    体がヒクヒク 衝撃音を聞く 「睡眠時幻覚」

    2分から5分

心拍数低下 体温低くなる

2.筋肉が緩む いびき 休憩に入る 活動の低下(軽睡眠)

    20分

3.4.リラックス状態 「デルタ派」深睡眠

眼を覚ますのが難しい、精神肉体的に幸福、傷ついた繊維の修復

成長ホルモンの分泌に深く関わる。

この段階に欠けていた場合 疲労感や焦燥感

ノンレム睡眠(眼球が動かない)

30分経つと第二段階に戻る

レム(眼球運動)夢をはっきり覚えている

90分周期

10代の子供はベットか起き上がれないのは思春気になると

概日リズムが変化して3時間ずれる、真夜中になるまで

眠気を感じず、朝はベットから離れなくなる。

クロノタイプ

朝方は朝30分でゴハン  内向的 論理的 人柄が信頼できる

夜型はひまん  外交的 情緒不安定 快楽的 創造力

                    人柄が信頼できない サイコパス ナルシスト

朝方の方が 成績が良いと言うが授業が開始時間やテスト時間によって違う

夜遅い時間に寝る(睡眠相後退症候群)

午前7時から9時

夜早い時間に寝る(睡眠相前進症候群)

午後7時から9時

大量な光を浴びる

時差ぼけは3時間以内は問題ならない

西廻りの方が楽

睡眠不足による障害メラトニン分泌不足

肥満、6時間睡眠高血圧 睡眠時間が4時間以下女性 心臓病脂肪可能性

メラトニン分泌不足は、乳がんリスク、大腸ガンリスクたかくなる

3歳のときに睡眠時間が10時間以下の子供は7歳になった時肥満体になる確実が高い

眠りの達人

自分用のコウモリの洞窟確保

夜中に中程度の光を1時間浴びる寝室リビングにアンビエント照明

ベットに入る前バスルームに光を減らす寝室は出来るだけ暗くする。

カーテンは厚手のものにする。

LEDベット前に入る数時間は避ける

赤い光はメラトニンの分泌を抑えないので眠気を誘う

騒音にはホワイトノイズ(波の音など)

寝室の温度は高すぎず低すぎず18度 湿度65パーセント

足を冷やさない

寝室を眠るだけの部屋にする

海辺に行くと風景や音に囲まれて疲労(海の風)

お風呂41度のお湯に30分浸かる

ひとは眠りに落ち流直前体温が低下する。

風呂は温まった後急激に体温が下がるので眠る準備ができたと思う

心配事をメモに取り解決策をかんがえてねむる

ラベンダーの香り

楽しいことを考え、あくびの真似をする、眼を覚ましていようと頑張る

不眠症の人は寝る部屋の暖房をきり分厚い布団や掛布団は避けたい

頭の中ではまとまっていますが、文章にすると難しいですね乱筆していますが

私も眠りに悩んでいる(睡眠障害)なので開発途中ですがだいぶん改善してきました。

「ねぐらを考える」大切です。

oku0910u__0229.JPG

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ