ブログ

ホーム > ブログ >広島 工務店  健康住宅パッシブライフ 「産む責任」
ブログ
広島 工務店  健康住宅パッシブライフ 「産む責任」 投稿日:2017年02月10日

小学校の1/2成人式というイベントに参加しました。

もう10歳早いなぁ~と思いながら見学

初めての子で右も左もわからず

破水の意味も分からず

自分「嫁さん朝方破水したんだって(笑)ちょっと、現場行ってきてから宮崎行くよ!」

事務員さん「社長!破水したなら産まれるよ!飛んでいきんさい!」

自分「えっ?破水って何?」

事務員さん「赤ちゃんが生まれる合図!そんなことも知らんのん」

自分「・・・汗」

事務員さん「初めての子だから時間がかかるかもしれんけんけど」

事務員さん「飛行場まで送ってあげるけん、飛んでいきんさい」

自分「飛んで行きたいんだけど飛行機が11:00しかないんよ」

飛行機の便がないのに無理やり西飛行場に送られ

待っている時間そわそわしながら飛行機を待っていました。

搭乗時、携帯電話の電源を切ろうとした瞬間

お母さんからのメールの合図

「無事、産まれました!」

人生で一番にやけた顔をした瞬間

その顔を添乗員さんに見られたので思わず

「今、産まれました!」

報告!

手を叩いて一緒に喜んでくれたのを思い出します。

宮崎につき新生児室にいる息子がわからず探していたら

看護婦さん「お父さんですか?部屋にいらっしゃいますよ」

「あっそうなんだ?」

超緊張して初対面

正直、サル?と思いました(笑)

その後の診断で心臓に小さな穴があると言われ心配しましたがあっという間に

10年が過ぎ、可愛さからたくましさに変わる年頃になり

生意気なところが出てきましたが共に経験し成長していきたいと思います。

産んでくれてありがとう

10歳に育だってくれてありがとう!たくさんの方に感謝です。

IMGP2235.JPG

「産む責任」

子供を産み、子供を育てるという責任というのが親にあるように

家造りに携わる物として産みだす責任があります。

お家も赤ちゃんから孫ができるまで過程と同じように

赤ちゃんができるまでの時間(プランニング)

初めての子育ての戸惑い(引越してから慣れるまでの時間)

高校から大学までの間の成長過程(器具の故障などの修理費)

子供たちが大人になる(成熟期)

新たな出会いと別れ(同居や相続や転売)

その変化が人の時間よりもゆっくりと流れる家が良い家と思います。

「もう40年!はやいねぇ~」といわれるような家造りをしています。

そして、自分がいなくなったって後継者に

「岡田工務店が造ってくれた家でよかった」

言ってもらえる家をめざして造っています(笑)

_A8A1318.jpg

ページ先頭へ
こだわり社長のつぶやき
お問合せ・資料請求
ページトップへ