ブログ

ホーム > ブログ >広島 工務店 健康住宅パッシブライフ 「子供部屋」
ブログ
広島 工務店 健康住宅パッシブライフ 「子供部屋」 投稿日:2017年02月25日

もう少しで娘の卒園

いつ頼んだかわからないランドセルが家に届きました。

「お父さんあけていい?」

ランドセルが来たのを受け取った娘が待ちきれなくて

家に帰った一声でした。

「いいよ!お父さんも見てみたい」っと言うと一生懸命開け始めました。

ランドセルは昔ながらの赤系希望でした。

ランドセルの色を決めるとき誘導しながら

赤系の色に持っていこうと思いましたが彼女の意志は固く

私達大人の意見に屈しませんでした。

我が家で一番の頑固者かもしれません(涙)

実際、背負ってみると似合って可愛いから良しとします(笑)

2017-02-16 19.53.39.jpg

結構の親ばかです(笑)

「子供室について」

家を計画する時に子供室をどうしようか?迷います。

近頃、いろいろと賢い子が育つ本っていうのが出ていますが

東大に行く子はリビングで勉強すると書かれていますが

それは大げさかなぁ~と思いながら、いろいろな本を読んでいます。

子供室を使う年齢っていつから?と思いますが、これってマンションと住宅でも変わってきます。

小さいころ2階建ての住宅では部屋で親の目が届かないためダイニングテーブルで勉強しているお家が多いですね。

小学生5年6年で少しづ自分の部屋で勉強し始め、塾に行き始めると自分の部屋で始めているみたいですね。

oku0910u__0238.JPG

私は、中学2年まで兄と二段ベットで生活をしていました。

そのころまで、兄とはなんだかんだと話をしていました。

中学三年の時、新築住宅

念願の自分部屋を手に入れたとたん

部活をしていたのもあり自分部屋にこもり

家族と顔を合わせる機会が極端に減り会話が少なくなりました。

思春期時代は子供と大人の朝方と夜型がちがい夜活動しするため目が届きにくなる

今の時代、SNSやユウチューブなど沢山の誘惑がありメリハリを持てる

親の言うことを素直に聞く子供ならいいのですが

親の思うほど簡単ではないので

あまり快適な空間を与えるのはどうなのかな?と思っています。

私の世代がちょうど高度成長期時代で子供部屋を与えるのが

親の義務的なところがあり当たり前でしたがそれが良かったのか

疑問にの頃事が沢山あります。

うちは子供部屋はありますが、あまり環境良くしていません

子供たちが友達を呼んで来てもリビングで遊んでいるので

初めて会った子とも話ができて「○○のお父さん」的な感じで

いい空気になっています。

11歳から使い始めて高校卒業まで8年間

地元の大学で12年間

社会人になり結婚する27歳で結婚して16年間の部屋です。

快適な空間のため34年間、今も現役で使用している同級生もいますが・・・怒られるかも(笑)

子供部屋に関して色々と考え方があると思いますが

子供が巣立った時の部屋の使い方を考えつつ検討していく必要があります。

夫婦別々の部屋をもったり、趣味室にしたり使われている方も多いですが大半は

もったいない話ですが、巣立った子供の荷物置場になっているお宅が多いですね。(笑)

沢山の子供部屋と経過を見てきて良かった所、悪かった所

色々な実体験をお話できますので是非お聞きください。

私も子育て中なのでより子供に良い家造り真剣に取り組んでいます。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ