ブログ

ホーム > ブログ >「アッという間」広島工務店 広島注文住宅 自然素材 省エネ住宅 パッシブ DIY
ブログ
「アッという間」広島工務店 広島注文住宅 自然素材 省エネ住宅 パッシブ DIY 投稿日:2017年11月17日
あっと言う間の11月中旬



毎年、恒例ですが、時間が自分を追い越してどっかに行ってしまいそうです。



流川の忙しい店舗工事に入りびたり。



明日から始まるえびす講の裏側が見えてなかなか、お昼の流川も面白いですね。



先週、子供の参観日で、道徳と生活という授業があり



道徳を学ばせていただきました。



生活はクリスマスリース造り。



それぞれが持ち寄った飾り付けを親が手伝う形でしたが



親の方が一生懸命になってどの作品も



小学校一年生が造る作品には見えないクオリティ(笑)



私は子供の自主性に任せ簡単な手助けをするだけだったのでキョロキョロして



親子の楽しそうな風景を楽しみました。



丁度、うちの娘の後方にはレジェンド元カープ選手



娘さんのリースを手伝っているお父さんの姿を見てほんわかしました。



昨日は、牛田の病院で元カープ選手NHK解説者と出会いお話しましたが



牛田は昔から身近に沢山のカープ選手がいるんだなぁ~と感じました。



11月25日に優勝パレードが決定、来年のカープはどんな一年になるか楽しみです。






「リビング&ダイニングを考える」





リビング&ダイニングって考えているようで考えきれていない所が多いんですよね。



一番滞在時間が長い生活拠点になる場所です。



家庭内の年齢差にもよりますが色々と不満になる要素が潜んでいます。



近頃、子供の勉強をリビングかダイニングでするという形を多く聞くようになりました。



それがいいのか?悪いのか?わかりませんが



身近にいる人が見てあげるというのはありだと思っています。



兄弟の人数や都市の差、家族形態によって違いますが



まず、リビングやダイニングの大きさ勉強する時間帯によって変わってきます。



小学校低学年と高学年によっても違います。



学校に帰ってからの勉強ならば、お昼時間~夕方位まで



塾に通っていたら、夕食前もしくは塾が終わってから夕食後





いずれにしても音に関しての問題を考えていく必要があります。



ダイニングやリビングにはどんな音が発生するか?を考えていく必要があります。



まずは、テレビの音。大きなリビングで大画面テレビを持っていても



テレビを離れてみることは基本的にできませんよね。



なぜか?離れて見れば見るほど、テレビのボリュームが大きくなり



見ていない人はそれが不快になりボリュームを絞る傾向があります。



ヒーローアクション系やアニメ関係は特に突然とてつもないボリューム。



結局、見ている人は音が聞こえないため、



テレビに近づいて見ているので、大画面の意味がない状態になっている



お家が多いですね。



聞きたい音と聞きたくない音がまじりあって不快に感じる事を「音喧嘩」



そう、私は言っているのですが



テレビと食洗器



テレビとエアコン



テレビと空気清浄機加湿器



テレビと電話の声



キッチンの洗浄と換気扇



ユーチューブや何かの機械の音



実際、それらをゼロにするのは難しい



生活をとにかくシュミレーションしてどんな小さなことでも工夫することが大切です。



生活音の響き方は仕上や構造によって変わります。



特に音喧嘩で不快に感じる高音



これをどう丸い音に変えていくか?という事がポイント



エアコン使用で乾燥しているお家が多くなってきたからか



近年のお家は高音でキンキンしているように感じます。



ほどよい湿度が音を丸くする以外に



無垢の木などで音をコントロールすることが出来ます。



楽器やスピーカーで合板やMDF使いますが、高級な物ほど無垢の木。



実はコンサートホールの壁も無垢の木がバランスよく使われているんです。



私が無垢フローリングを床に使う理由の一つです。



壁に合板などを使うと音が跳ねやすく共鳴し音同士が喧嘩することがあります。



天井も含め跳ね返す音と吸収する音のバランスを考え工夫することも大切です。











音に丸みを持たせる工夫は、隠れた場所にも必要になります。



梁せい(梁の大きさ)や組み方、断熱の種類仕上の材質などなど



私はさりげなく家を造っているように見えますが色々と工夫しています。



時代遅れと言われてもかたくなにこだわっている所などたくさんありますが



これは、たくさんの実績や経験から得た知恵や技術と思っています。





五感で感じる住み良い家











私にとって「音」も重要項目です。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ