ブログ

ホーム > ブログ >「阪神淡路大震災から23年」広島注文住宅 広島リフォーム 
ブログ
「阪神淡路大震災から23年」広島注文住宅 広島リフォーム  投稿日:2018年01月17日
神戸震災23年
 
人は痛みとか辛さとか
 
その時の空気間とか
 
年が経つたびに忘れていきます。
 
だけど
 
経験は体の中に刻まれています。
 
23年経って感じること
 
技術進歩やたくさんの防災グッズや道具が出てきました。
 
スマホやライン伝達AIやIT技術が進歩し便利になった反面
 
もしそれらが使えなくなった時
 
一番大事な事は
 
人と人とのコミュニケーションや助け合い
 
「お互い様、助け合いの心」
 
ニュースを見るたびに「お互い様」という
 
言葉が「薄れてきているのかなぁ?」と
 
感じることがあります。
 
 
ボランティアの活躍する表のニュースの反面
 
裏は本当にグロい話もたくさんありました。
 
「お互い様の心」が薄れている人の暴走
 
技術の進歩や整備だけでは乗り切れないことです。
 
自治体や地域住民の交流や活動を活発に行われ
 
人と人とのコミュニケーションがとれている
 
地域とそうでない地域とでは震災時の幸福度差の
 
激しい現実を目の当たりで見ました。
 
 
 
 
 
現在、国際化が進みアジアそして諸外国の人々が
 
来日生活しています。
 
都会や外国人が多い地域で災害が起こった時
 
「どうなるのだろうか?」と思うことがあります。
 
文化の違う人々が自己主張し始めたとき暴動したら
 
治安が統制取れなくなります。
 
 
 
日本人及び来日する方々にも「お互い様の心、助け合う心」
 
自分を含めもっと学び広めないといけない
 
 
 
技術の進歩も大事ですが
 
行政が嫌がる都会型災害裏側の問題点を
 
もっと話し合い準備する必要があるなぁ~と思っている
 
今日この頃です。
 
 
利便性も大切ですが
 
その点も考えて居住地を考える事も幸せな生活につながる
 
神社やお寺、商店街や町内会の役割が年々薄れて来ていますが
大切にしないといけない日本文化なんだなと改めて思います。
 
ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ