ブログ

ホーム > ブログ
ブログ
「桁梁の役割」広島 工務店 投稿日:2018年12月5日

桁梁の役割

 

「桁や梁って何ですか?」

 

「桁って家の背骨」

 

「梁はあばら」っていうのかなぁ~

 

「共通して言えることは水平の力を伝える」

 

「荷物や人の重さを床で受け止めるってこと」

 

前回、大黒柱が家の中で一番お父さん的な役割をしましたが

 

「桁はお母さんかなぁ~」

 

家の材料で「立派な梁のですね。」とよく言いますが

 

目立ちたがりの梁

 

桁がいて梁が活躍できる

 

家の中で桁は大切な役割をしています。

 

桁は家の水平の力を梁に伝達する役目

 

その伝達がうまくないとの力がバラバラになります。

 

その力を分散したり梁は伝達をうまく受け止める役目

 

長方形の家の水平の長い木が桁

 

長方形の垂直の短い木が梁といいます。

 

すべての梁は桁に支えられ初めて力を発揮できます

 

センターポディションの桁を中心に力が分散され

 

その両サイドの梁がその力を受け止めます。

(この梁も大切な役目)

 

家の構造でスーパーHをどう構成するかで家の水平バランスが決まってきます。

(残念ながら構造用合板床版でスーパーHを無視して設計する人が多くなった)

 

 

 

 

軸組みの大切さを知らずの構造計算ソフト依存と床版依存の落とし穴

 

在来軸組み工法は、パネル工法ではないということです。

 

基本を知らないは怖い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
「柱の役割」広島 注文住宅 投稿日:2018年12月3日

NHKの原田さんに取材で言われたこと

 

 

「NHKは誰でも分かりやすく説明しないといけない」

 

 

「岡田さんそもそも柱って何ですか?」

 

 

「えっ?」

 

 

「柱は、木でできた棒」

 

 

「木だけですか?」

 

 

「コンクリートや鉄もあります」

 

 

「柱は上からの力を支える為の棒」

 

 

「力ってなんですか?」

 

 

「力って重さです。」

 

 

「瓦とか、箪笥とか」

 

 

「なるほど」

 

 

「柱は上からの重さを支える棒です」

 

 

「なるほど!」

 

 

「柱は上からの重さに耐える為頑張っている」

 

 

「重さに我慢できなくなるとしゃがもうとする」

 

 

「座屈っていうんですが、しゃがんだら柱が折れる」

 

 

「その重さに負けないように折れないように」

 

 

「柱の数を増やすか柱を太らせる」

 

 

「家で中で力持ちの太い柱を大黒柱といい」

 

 

「大黒柱は家の一番大事な柱になります」

 

 

「家の守り神として大切にされてきました」

 

 

「柱ってそれだけの役割ですか?」

 

 

「それ以外に大雪の時に力を分散するための役割もあります」

 

 

「地震の時に力を基礎に伝える役割りもあります。」

 

 

「柱って家の中で重要なんですね。」

 

 

「だけど近年は、家の大黒柱を無視して家を建てています。」

 

 

「構造の力の動きや力のかかり方を考えず構造計算を頼り」

 

 

「だけど、必ず家には大黒柱になる柱が必ずあります」

 

 

「その柱を中心に家を組み合わせていく必要があるんですが残念な家が多い」

 

 

「大黒柱がいつの時代も大切です。」

 

 

「それと…それと….」

 

 

ついつい熱くなり熱弁

 

 

原田さん(苦笑)

 

 

「家に柱ってとても大事なんですね。ありがとうございました」

 

 

「でっ梁ってなんの役割があるんですか?(笑)」

 

 

「時間ありますか?説明長いですよ(笑)」

 

 

原田さんと出会いから誰でもわかる説明を心掛けるようになりました。

 

 

私たちが使う建築専門用語が多くは私たちにとっては常用語となっていますが

 

 

この仕事に携わっていない方はわかっていないことが多く

 

 

建築屋も深くわかっていないのが現実

 

 

だけど、これらが分からないと安心する家は造れない

 

基礎を深く知ってからの家

 

 

良い家を造る業者選び方の一つの方法として

 

 

まず聞いてみてください

 

 

「柱って何ですか?小学生に分かるように説明できますか?」

 

 

相当困ると思います(笑)

 

 

間取りやデザインはとても大事ですが

 

 

まず、自分たちの命を預けると思って構造もしっかり考えましょう!

ページ先頭へ
「尊い命が奪われる」広島の工務店 投稿日:2018年11月24日

火事火事火事福島で

またもや小さな沢山の子供が命をなくしました。

今回はファンヒーター

和室ラミ天井や板天井はは燃えやすい

縦に燃えて天井に火が入ると火は横に広がり

一気に加速する

昔と違い石油樹脂製品が多い

それらに火がつくと止められない

ストーブ(ファンヒーター)火事になるには

どの様な形での炎になったのか?

この建物をグーグルで見ると古民家造り

土壁漆喰のの感じ構造は2階が中央に乗っていて

瓦が乗って重たい建物

一階のお父さんファンヒーター

出火したと書いてある。

介護をしている部屋は私が見て来た感じでは

共通して物が溢れ燃えるものが多い

掃除がしにくい状況になっている。

上に立ちあがった

火は防火壁でうけとめないといけないが

前のも書きましたが昭和40年代以降の建物は

ベニア板で作られた家が多い

公団の建物であっても無断熱で薄ベニア

火がついて燃えだしたら炎上が止まりません。

そのためにまず天井壁の耐火性を高める

壁天井の空洞に火が回らない様にする。

PSなどの縦穴の防火処理

ダクトの防火処理などを施す事が

必要になります。

地震や台風、水害も確かに恐ろしいですが

人災火事は身近で被害に合う確率が高い

家造りにおいても最重要ポイントです。

これから火災が増える季節になります。

しっかり見直しましょう!

 

 

 

 

ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(383)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(77)

岡田工務店こだわりの家づくり(11)

「歳を取らない家」(3)

遊家の家づくり(120)

初めての家造り(8)

ストレスを軽減する家(3)

家造りポイント(6)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(2)

賢い 浴室づくり(1)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(3)

賢いエネルギー(1)

賢い家造り(5)

健康住宅 睡眠(2)

健康住宅 ストレス(6)

健康住宅 カビ(7)

健康住宅 空気環境(4)

健康住宅 色(3)

健康住宅に 照明(1)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(10)

困った 環境問題(52)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(4)

困った 離婚と家(2)

困った 結露(2)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(6)

安心 耐震構造(2)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(4)

こだわり 照明 光 色彩(5)

こだわり 家造り(1)

長持ち 健康(6)

長持ち こだわり(1)

長持ち 土地(1)

長持ち 間取り(1)

長持ち 基礎(5)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(6)

長持ち 外壁(2)

長持ち 外壁塗替え (0)

長持ち 音(7)

長持ち 通風計画(4)

長持ち 設備(3)

長持ちキッチン(1)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(2)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(2)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(3)

賢いリフォーム(1)

長持ち 高気密高断熱(1)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ