ブログ

ホーム > ブログ
ブログ
広島 健康住宅パッシブライフ 「家とスムージー」 投稿日:2016年12月15日

「この間、瓦やさんと来られたの社長さん?」

「はい!そうですよ」

「いやぁ~わかってはいたけど、若く見えたから弟さんかと思ったんよ」

「なんか若返ったね。何かしてるん?」と聞かれました。

 

 

家と人の健康を語るに

 

自分が不健康そうだったらおかしいので健康とダイエットを考え

 

スムージーで野菜から栄養を摂取と考え18日前からスムージーダイエットを始めました。

 

スムージーって何かもわからない状態から始めたので、最初にあるものから始めようと思い

 

冷蔵庫にあった小松菜、ほうれん草、リンゴ、水菜、バナナを混ぜて作ってみたら思いの他簡単で

2016-11-30 12.16.32.jpg

これなら自分にもできそうだなぁと思い本格参入を開始しました。

 

私の性格を知っている方は「またか?」と思われますが、始めだしたらとことんこだわる性格で

 

家族から「また、何始めるん?」と迷惑そうな声が聞こえてきました。

 

そこで、家族に迷惑をかけずに始める事を優先しないと協力してもらえないと思いし長続きしないと思い

 

まず、最初に取組んだことは効率よく調理でき片付けも簡単な方法はないかの検討から始めました。

 

野菜を洗う→切る→ミキサーに入れ攪拌→注ぐ→道具を洗う→片付ける(機械を乾かす)工程になるのですが

 

まずこの中からめんどくさい事を排除することが大切です。

 

野菜を洗う(農薬を落とす)→y農薬除去洗剤時短

野菜を切る(切る面倒)→はさみで切る

まな板を出す(洗う面倒)→使わない

ミキサーに入れ攪拌(時間がかかる)→粘りのあるバナナから入れることで攪拌時間短縮

道具を洗う機械を乾かす(重いミキサー面倒)→軽くて能力高いミキサー(検討中)

 

試行錯誤しながら気軽にできる方法を考えていきました。

 

最初は乗る気でなかった家族にも徐々に認められるようになってきました。

 

しかし、NHK昼ドラの時間にしていると音がうるさいと苦情を受けたので音問題に対して対策を練り

 

材料の入れる順番と調理スピードで音が軽減できることが少しづつわかってきたので

 

これに見合うミキサーを近日購入する予定です。

 

次に大切なことは、スムージーに入れる野菜の分量と種類と栄養素

 

やみくもに入れても効率が悪いので野菜の主要成分を分析し効率よく取れる材料を選んでいく作業です。

 

ビタミンやミネラルは人間にとって大事な栄養素を持っています。

 

サプリメントで補うことはできますが

味覚

嚙む動作

触感

考える

嗅覚など食べることの効能を排除してしまい

 

デジタルよりもアナログが人にやさしいと思い成分を知るという作業に入りました。

 

三大栄養素はもちろんですが、そのほかの栄養素の効果と役割を知る事が大切と思い

 

栄養素を考え体調に合わせて組み合わせられるバランスシートを作り栄養バランスを調整できるようにしました。

2016-12-15 13.25.12.png

今は、野菜と農薬除去について取り組み始めました(笑)

2016-12-14 13.21.25.jpg2016-12-14 13.25.17.jpg

2016-12-14 13.34.42.jpg

 

 

まだ、18日ですがスムージーを始めた変化として

 

体重が1.5kg減、肌がみずみずしくなった(これが一番感じる)朝の目覚めが良くなった、疲れがたまりにくく気分が軽くなった

目の疲れが軽減された。髪の毛が抜けにくくなったことですかね。

 

「わかりましたぁ~?バランスよく野菜取り始めたら変わったんですよ」

 

「スムージーって何?」今でもわかっていませんが(笑)

栄養バランスとうまさを追求したスムージーを作っていきます。

罰ゲームのようなまずいスムージーもそれはそれで楽しいですけどね(笑)

 

2016-12-13 11.59.07.jpg

人生面白いことだらけです(笑)

 

「家とスムージー」

 

スムージー研究のように家造りにおいて、地元広島の工務店として長年世代を超えて

 

これ以上もっと深く!濃く!分析研究してきました。

 

無限の組合せや条件において味や栄養と同じように色々と変わってきます。

 

家造りと栄養も同じ

 

組合せによって相乗的に効果が上がるものもありますが、

 

ナトリウムやリンなど、良かれと思いサプリメントで摂取しすぎたら逆に体調不良を起してしまいます。

 

食材(農薬入り、有害添加物食材)も考えず作り手のよし悪しを考えず

 

「安かろう、よかろう、おいしい」からと言って食べていたら取り返しのつかない病気になる可能性もあります。

 

研究して思うことはバランスとバランスを支える技術と知恵です。

 

2015-09-19 18.34.08.jpg

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
広島 健康住宅パッシブライフ 「スイッチ」 投稿日:2016年12月8日

クリスマスが近づき子供たちのお願いごとの動きが激しくなってきています。

「やっぱり、これにしよう!」

「でもなぁ~どうしようか?」

自分がいる所で悩んでいる姿を見ると「役者やなぁ~」と

聞いていないふりをしながら聞いています。

大人になってもクリスマス気持ちがウキウキしますね。

自分も何を買おうか迷ってしまいます。

 

「飾る楽しみ」

 

四季折々色々なイベントがあり

そのイベントに合わせお家を造るときに

クリスマスツリーやお雛様などを飾る場所を考えておくと

家に帰るとホッとしますよ。

その場所を決めたら、是非ほしいのがコンセント

装飾にライトアップするとより楽しい気分にさせます。

カウンター飾るならばコンセントのコードが目立たない位置を考えながら配置します。

 

家電全盛期時代、家電とコンセント配置って使いやすさの中ですごく大切です。

当たり前のコンセント以外に

 

掃除機用コンセント

加湿器用コンセント

空気清浄機用コンセント

お風呂扇風機用コンセント

ホットプレート用コンセント

ロボット掃除機用コンセント

電動機自転車用kンセント

スマホ充電用コンセントなどなど考えればきりがないほどですが

つければ良いというものはないのでバランスよく配置することが大切です。

 

コンセントを配置するときに重要なのが高さ

 

使うものに合わせた高さを考えること

差しっぱなしであれば、点検掃除しやすい高さにすることをお勧めします。

oku0821n__131.JPG

適材適所にあるコンセントって、「なんかいい家」のポイントです(笑)

 

 

 

ページ先頭へ
広島 健康住宅パッシブライフ 「樋掃除」 投稿日:2016年12月2日

12月になりました。

ユーキャンの流行語大賞が「神ってる」になりました。

カープネタとして最後の「神ってる」ですね。

 

その他の話題は、マスコミが作った言葉で決して気持ち良い言葉ではないので

流行語にしては寂しい気がしました。

2016-12-02 08.09.14.jpg

 

12月になれば何かと掃除ごとの依頼が増えてきます。

その中で大変なのが樋つまりの清掃なんですが、いままでお願いしていた職人さんが

高齢化のため出来なくなり、大工さん達、樋板金屋さん達は現場が忙しく抜けることができないので

掃除ができる人がいないのが現状です。

職人さん不足と高齢化により、高所作業等の依頼は対応が難しくなってくると思います。

 

さて、そうは言ってもだれかが何とかしないといけません。

樋の詰まる原因を解明し、

のちの家づくりに役立つことができるように

なんでも出来すぎる

マルチスーパー作業員の私が担当となりました。

 

即修理ができるように、設備やさんも同行しての作業

樋を見るのに、まず梯子をかけるのに苦労します。

体重をなるべく樋にかけないようにそして梯子の傾きに

バランスを取りながら上手に上らないといけません(結構怖いんですよ)

 

そして樋の枡を除くと、

2016-11-30 14.32.11.jpg

激しい状態で詰まっていました。

近くに交通用の多い道路、そして隣は古い公園

モミの木と銀杏の木がちょっと離れたところにあり南南西に向かう風からイチョウの葉が飛んできて

樋の中に蓋をした状態で

埃を含んだ雨とアスファルト埃が瓦につきそれが雨によって流されて

積み重なった感じになっていました。

指や棒を突っ込んでも貫通できないほどの積載量そして、粒子の細かい埃なので

石のようにカチカチになりどうにもならない状況で

通常ならば枡交換と言いたいところですが

私には強い味方高圧洗浄機と管内清掃ノズルがあるので洗浄で一気に洗い流す作戦で対応しました。

2016-11-30 14.47.52.jpg

最初は、なかなか溶けない状態でしたが次第に流れ出しボゴボゴ言いながら

流れていきました。

そんな箇所が2か所あったのですが、次の箇所は高圧洗浄機をかけてもなかなか流れてくれません。

「おかしいなぁ~」と掃除していくとなんと樋の中に瓦の破片が入って詰まっていました。

それが指が入らなくて取れなくて苦労しましたがそれを撤去してきれいになりました。

2016-11-30 15.00.47.jpg

2件目は山の中のわりに周りに木々無し

古い建物で樋をもう20年くらい漏れていてもそのままにしていたらしく

上がってみると樋の中に森ができている状態

「こりゃ~流れんなぁ~」と思いながら掃除し

「葉っぱでも引っかかっているのかな?」と思いましたが引っかかった様子はありませんでした

手で土を掘り、高圧洗浄機を使い奥まで詰まっている管内を無理やり掃除しました。

2016-11-30 16.10.35.jpg2016-11-30 16.26.59.jpg

2016-11-30 16.33.03.jpg2016-11-30 16.38.30.jpg

2016-11-30 16.43.52.jpg2016-11-30 16.51.53.jpg

樋の修理は、足場をかけないといけない場合が多く考えて取り付ける必要があります。

小口径の樋も出ていますが、樋にとってはなるべく最低60パイはほしいと思っています。

軒樋は丸樋よりも角樋の方が埃が堆積しにくいと分析しています。

樋の取る付けには、気を遣う必要があります。

IMG_3569.JPG

ただ樋すっきりをつけていると思われますが材料の厳選も必要です。

 

雪が多いところは軒先からなるべく下げる。

葉が飛んできそうなところは、軒水切り(ついていない所が多い)と樋の間を狭くするなど工夫が必要です。

外壁吹き替えなど足場をかけるときには樋点検や清掃をしてもらい必要に応じて取り換えることをお勧めします。

 

当たり前の樋ですが、結構当たり前ではない奥が深いんですよ。

 

メンテナンスから学ぶって重要です(笑)

 

広島 工務店だから広島の劣化原因を知り尽くしています(笑)

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ