ブログ

ホーム > ブログ
ブログ
「カッコいい賃貸ルーム」広島工務店 広島リノベーション 投稿日:2018年03月17日

春一番

 

花粉症が猛威をふるっています。

 

ティッシュの消費が激しくなります。

 

現在は、花粉も含めPM2.5や光化学スモックが浮遊しています。

 

風向きの問題もあり広島は平均して北北東の風が多く飛んできます。

 

北北東方面はどうしても山手からの風のため花粉を運びやすい状況です。

 

空気の入れ替えは平均的にAM11時ぐらいから南南西に代わる風に合わせ行うことをお勧めいたします。

 

PM2.5や光化学スモックは日本海側もしくは南西方向から浮遊してくるので

 

長時間の入れ替えはお勧めしません

 

 

来週から賃貸リフォームに取り掛かります。

 

 

五日市でおしゃれでかっこいい賃貸を造り好評を得ているので自信をもっています。

 

 

今回、広島市内で造ります。

 

 

ご期待ください!!

 

 

 

 

ページ先頭へ
「牛田バウムクーヘンへの道のり1」広島工務店 広島注文住宅 広島リフォーム 投稿日:2018年03月12日

 

 

春ですね。

 

 

 

近くの山で桜が咲き始めました。

 

 

 

 

春といえばアウトドア

 

 

 

牛田早稲田神社×岡田工務店コラボ企画

 

 

 

「バウムクーヘン作り体験会」イベントを3月25日に開催いたします。

 

 

 

 

早稲田神社「バウムクーヘン体験会」

 

 

 

 

「広島で生まれたバウムクーヘン」

 

 

 

 

 

バウムクーヘンは菓子職人のカールユーハイムさんが

 

 

戦争で広島収容所に強制連行された時に作ったのが最初

 

 

その場所が広島物産陳列館(原爆ドーム)で3月4日に行われたのが最初

 

 

広島にゆかりのあるお菓子

 

 

いろいろと調べていくとバウムクーヘンの魅力がだんだんと伝わり

 

 

「本気で作りたい」と気軽に受けたこの企画

 

 

いつものようにメラメラとこだわりが大きくなり始めました。

 

 

 

 

 

「バウムクーヘン道具」

 

 

やはり何をするにも道具から考えていく

 

 

バウムクーヘンの焼き道具はまずコンロ

 

 

 

「コンロ製作」

 

 

最初に「一斗缶を半分に切ったらいいじゃん!」と軽いノリ

 

 

イメージイングしていくと

 

 

普通に真半分切りした場合遠火と近い火が調整しにくい上

 

 

バウムクーヘンのロール層が厚くなるにつれ火に近くなりすぎ焦げやすくなる。

 

 

深い形状にしないといけない

 

 

「どうしよう?」と考えながら

 

 

セブンイレブンのサンドイッチを見てひらめいたひし形の半分

 

 

「これだ!」と思いコンロづくりがスタート

 

 

 

穴を利用すれば通気孔にもなるしこれはいい一石二鳥のアイデアでした(笑)

 

 

 

「架台製作」

 

 

これも簡単そうでなかなかむつかしい

 

 

鉄骨を溶接して作ることも考えましたが手間もかかるし重いので

 

 

木で作ることにしました。

 

 

「木は燃えやすい」と印象が強いと思いますが実はそんなことないんですよ(笑)

 

 

まず最初に架台製作ポイントを決めて考えて行きました。

 

 

1.軽い事

 

2.組み立て式

 

3.安定している

 

4.パーツが交換できる

 

5.子供が触れてもやけどしにくい

 

 

いろいろと考えてスケッチしてできた架台がこちら

 

 

 

 

ポイントは木を直接火や鉄に触れさせない事

 

 

すき間を作り通気層を作ること熱に触れる面を減らすことで木が燃える事を軽減

 

 

実は一番、木の架台にこだわったのが

 

 

小さなお子さんが近づいてふいに触ってもすぐやけどしない道具

 

 

木にしたのは正解でした(笑)

 

 

 

「芯棒」

 

 

バウムクーヘンの焼き方の特徴

 

 

芯棒に巻き付けて焼く

 

 

カイル・ユーハイムさんが初めて広島似島で焼いたバームクーヘンの芯棒に使われた木が

 

 

「樫の木」とかいてありました。

 

 

「竹ですればいい」と言われましたがいろいろあるのと

 

 

やはり建築屋なので木にはこだわりたい

 

 

「樫の木」を小城六右衛門商店さんにお願いして調達

 

 

「樫の木」だけでは面白くないので5種類の広葉樹の木の芯棒を用意

 

 

 

 

ただ、バウムクーヘン焼くのではなく木の重さや性格などお勉強をできるようにしました。(笑)

 

 

それと、廻しやすいこと付着面積と熱伝達を考え芯棒の太さ6cm

 

 

道具はとりあえず準備完了!

 

 

次は肝心なバウムクーヘンの良否を左右する生地作り

 

 

 

 

「調査!!」

 

 

調べるとバウムクーヘンを出しているお店はたくさんありました。

 

 

まずは知ることからと思い

 

 

広島「櫟」さんを見に行きました。

 

 

大変そうな作業で驚きましたがいろいろなヒントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

「生地作り」

 

 

こだわりの一つは食品添加物を使わない事

 

 

私の料理の基本になるべく食品添加物を使わないというこだわりを持っています。

 

 

別にアレルギーがあるわけではありませんが

 

 

中学生の頃読んだ食品添加物の本がトラウマで何となく避けている気がします。

 

 

今回は、ホットケーキミックス、ベーキングパウダーを使わないというルールからスタート

 

 

 

 

「レシピづくり」

 

 

ネットで簡単にレシピを参考にすることはできますが

 

 

どれもホットケーキミックスやベーキングパウダーを使っているものが多く

 

 

参考にしにくいため手作り時代の資料を参考にと思い押し入れから取り出した本

 

 

 

 

 

30年前「奥様手帳」

 

 

若い頃の平野レミさんや小林カツ代さんが連載していた本

 

 

この中のお菓子作りを参考にしてレシピづくりを始めました。

 

 

 

試作第一号は重曹で膨らみを作ろうとして思いのほか膨らまずもちもちだけが残る感じ

 

 

玉子焼き機で作るとどうしてもフライパンが焼けてダメになると思うので火が通る前にひっくり返してしまう

 

 

これが理由で「棒で焼くやり方に行きついたのかなぁ~」と思いながら

 

 

 

薄力粉と強力粉を比べてみたり重曹の量やはちみつの量、メレンゲを作ってみたりと試行錯誤し

 

 

生地を作っていきました。

 

 

 

 

「3月4日バウムクーヘンの日」

 

 

 

「3月4日バウムクーヘンの日」と「パパ友お父さんの転勤がなくなった祝い」

 

 

 

バウムクーヘンとBBQを同時開催

 

 

 

 

 

 

初めて炭を使ってのバウムクーヘン

 

 

 

一本分の量が分からなかったため失敗しても良いように

 

 

 

まずは、ホットケーキミックスで試してみました。

 

 

 

 

 

 

「あれ?」棒に液が乗らない

 

 

 

「えっ?」ドロドロ落ちる

 

 

 

相当、焦りました。

 

 

 

急遽粉を足して調整

 

 

 

 

 

どうにかこうにか形にして完成しました!

 

 

 

 

やはり、所詮ホットケーキミックス

 

 

食べなれた味でした(笑)

 

 

 

「いよいよ」

 

 

分量と生地の柔らかさが分かったので

 

 

自分の考えた生地が登場!!

 

 

 

 

 

1回目の要領をつかんだため多いのほかスムーズ

 

 

 

家のフライパンでするよりも膨らみもよくうまく出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

味はもう少し甘いほうが良いとかいろいろありましたが

 

 

 

炭でバウムクーヘンをつくる流れが分かりました。

 

 

 

それともう一つ分かった事

 

 

 

幼稚園で竹でを使ったとき時、熱が棒の中から手元に伝わり熱かったので

 

 

 

建築屋的に考えて付着面積、熱伝達から考えてもある程度太さと長さ材質が必要だろうなぁ~と

 

 

 

検討していた通りの丁度よい芯棒であった事が分かったのが最大の成果でした。

 

 

 

 

 

 

3月11日はバターとメレンゲと卵の分量を増やしました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

探求の旅はまだまだ続くいています。

 

是非、成果はイベント会場で体験してください(笑)

 

早稲田神社「バウムクーヘン体験会」

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
「カープチケット争奪戦」広島工務店 広島リフォーム 広島注文住宅 投稿日:2018年03月2日

今年も来ましたカープチケット争奪戦

 

昨年の戦いましたが玉砕

 

パソコン3台

 

スマホ1台

 

セブンチケットとローソン

 

今年は東京の友達にお願いして向こうの

 

セブンで参戦をお願いし

 

転勤で東京に行った

 

息子のお友達が夏休み聖地広島で

 

どうしても野球が観たいという願いを叶えるために奮起しました。

 

 

 

 

 

今思えば、昔の広島市民球場

 

お客さんが少なくていつでも行けた広島市民球場

 

小学校の時友達のお父さんに連れて行ってもらった。

 

巨人戦、急に決まった話

 

当然チケットがない

 

そこで友達のお父さんが

 

球場正面にいたダフ屋のおっさんから

 

チケットを購入(当時も多分違法行為)

 

見かけ怖そうなダフ屋おっさんが

 

「3人ねぇ〜自分が行こうと思っとたけどこれはやるわ」

 

と言って

 

2枚分の金額で3枚渡してくれた(笑)

 

2枚分のチケットは割高だったけど

 

3枚をプラスしたらそっちの方が安かったので

 

「えんかいの!」

 

友達のお父さんが持っていたむさしのお弁当で御礼しようとするも

 

「ええよ〜子供に野球見せたいだけじゃけん!」

 

受け取らず去っていった。

 

 

 

 

 

今でも鮮明に覚えているはじめての内野席

 

ほぼバックネット裏

 

選手が近くて輝いていた!

 

 

 

 

 

 

 

あれから36年おっさんになった。

 

そりゃいけん行為だけど

 

そこそこならば

 

ダフ屋のおっさんが悪いとは思わない

 

今はコンピューター場で売られるチケットと転売屋

 

顔が見えるダフ屋の方が

 

まだ人間味があって許せる気がする。

 

友達のお父さんが球場に連れっててくれて

 

優しいダフ屋さんに出会って

 

カープが好きななった(笑)

(美化するわけではないけど)

 

 

 

 

 

 

 

自分も息子や息子のお友達にカープが

 

 

ずっと好きでいてほしい

 

 

 

 

 

話は戻りますがチケット争奪戦必死になって

 

ダメ元でネットをするも繋がらず諦めていた。

 

東京の友達もネットが繋がらないとLINEで返信が入る

 

「やっぱダメかぁ〜」と諦めていた頃

 

全く野球に関心がない友達から電話が入る

 

「えーちゃん取れたよー!」

 

「これでいいんよねぇ〜!」

 

 

 

 

 

 

爽やかに写真がラインが入ってきた。

 

 

「ありがとーう!このチケットプレミアなんだよ」

 

と言ったら

 

「マジでぇ〜」

 

「サクサクつながるいくらでも取れるよ」

 

 

欲出てチケットを取りに入ったら

 

 

「まったく繋がらなくなった(涙)」

 

 

すごく残念がっていました。

 

 

次は彼には期待できないかもしれません(笑)

 

 

 

みんな頑張ってカープの応援に行く

 

カープ選手もその期待通りに頑張ってもらいたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ