コンセプト

ホーム > コンセプト
コンセプト

楽しくない家はもったいない
岡田工務店とは
工務店というブランド
誇りとプライドをもった者たちがつくりあげる逸品

多くのプロフェッショナルが作りあげる家

ハイレベルでセレブな構造

広島に合った気候でその場所にあった家を作る

DIYをしながら一緒に家を建てていく

遊家
遊家
一般的に提案されている家は、流行やおしゃれなイメージを優先させる傾向が多く、不要な空間や不必要な機能が取り入れられたり、高資材を使って高額な価格帯の家になったりする傾向があります。家を造り込むことに力を注ぐのも大切ですが、引っ越しして荷物を入れ、実際に暮らしはじめると、「家具を入れたらイメージが変わった…」、「シンプルな対面キッチンにこだわったのに小物が増えすぎて…」、など理想から現実に変わったことで様々な問題が発生。そこで『遊家』は、最初の時点で必要最小限の予算を投入し、住人の経年変化に応じて発生する問題点に合わせて造り替えていくという「成長型スタイル」をコンセプトとした、楽しい家づくりを提案しています。
遊家」の家づくり、そのメリットは?
なんといっても省コスト

洗面、トイレ、キッチン、などの消耗品には利便性をとことん重視。
リビング、台所周りなど、利用頻度の高い空間はしっかり造りこむ。
問屋・市場・ネットマーケットからリーズナブルで、品質の高い資材を直接仕入れる。
窓の位置や冷暖の効率性など、省エネになる方法を取り入れる。

必要なところには手も材もかけ、後からカスタマイズできるところははじめに検討し、先を見据えた長い目で判断。
ローコストとは異なる「省コスト」という考え方で取り組んでいます。

家づくりは誰もが分かるよう丁寧に説明し、ロスの少ない流れを重視

経年変化に合わせてリフォーム。少しずつ形になっていく楽しみが何年も続く!

岡田工務店の家づくり
なんといっても省コスト
経営者、管理担当者、職人がお客様と同世代なので、同目線でアドバイスをすることができます。資材は問屋や市場から直接仕入れるためコストを抑えられ、型にはまらない自由なバリエーションや、お客様が棟梁や職人たちと関われるというのも魅力です。携わる全スタッフが、「世界で一つのお客様の家」を、想いを込めて造らせていただきます。

修家
修家
岡田工務店のリフォームは、新築住宅を作る上で必要な構造的ノウハウを生かし、少しでも家が長持ちする様確認しながら工事を進めて行きます。 岡田工務店のリフォームは、提案型リフォームです。知識と経験の中で得た情報を提供すると共に、ただ綺麗にするだけではなく「もっと使いやすく」をモットーに取り組んでいます。
修家の意義・・・

お家を長持ちさせるためにはメンテナンスが必要となります。
ヨーロッパでは後世に伝え渡す家づくりメンテナンスに力を注ぎながら生活しています。
日本も時代変化と共にメンテナンスがリフォームと言う形に変わって来ました。
お客様の生活の変化に応じて使いやすくする。そして一番大切なことはコンディションを保つこと、
リフォームの7割は手作りで一人では何も出来ません。
野球も役割を守り補う事で結束力が生まれ強いチームが生まれます。リフォームも知識豊富な技術者と各業者や職人とのチームワークで信頼と絆を持って、連携しながら作業を行っていきます。そうして培った経験を基に、家の状態や最適な工法を把握しお客様にきちんとお伝えすることによってトラブルを無くしご満足頂けるリフォームが実現出来ると考えております。

たとえば・・・
マンションリノベーション注意点・・・

・配管の配置を考え工法に注意しながらリフォームしないと近隣とのトラブルになってしまいます。
・照明は消耗品ですので、後々のことを考え交換し易い仕様や商品を選択しないと後悔してしまいがちです。

マンションリノベーション注意点・・・

一戸建てリフォーム注意点・・・

経年劣化してくる家の状態を的確に把握し、家に負担をかけないリフォームをしないと耐震性能が
落ちてしまったという結果につながりかねません。
こちらについては住宅会社が説明責任を果たす事が使命だと考えます。

一戸建てリフォーム注意点・・・

来家
来家
室内にこもった空気を外に放出する棟換気システム
省エネ効率がUPする室内断熱
夏の熱の侵入を最小限に抑えるオリジナル遮熱構法
施工中に室内の温度・湿度をこまめにチェック
気密測定器を使い気密の状況確認
計画的に心地良い風を取り入れる工夫

岡田工務店が作る「来家」は事細かく材料や工法を厳選しています。
これも省エネにつながっていると考えています。
自然循環型住宅「来家」は機械や流行に囚われない未来も安心して住まえる家づくりをしています。
愛犬・猫家住宅
私たち犬・猫を飼う家庭にとって、犬・猫は家族の一員。
子供や高齢者と同じように、私たちが守ってあげなければいけない大事な存在。愛犬・猫がいつまでも、健康で長生きすることを願い、限りある時間を共に楽しみたいと考えています。愛犬・猫ともっとも長い時間を過ごす場所が「住まい」。その住まいが、自分達にも愛犬・猫にとっても「安全で、安心して、快適に暮らせるところ」にしたい。その思いに応えてもらえる人を増やしたいと願って「愛犬・猫家住宅」を提唱しています。愛犬・猫との「安全」「安心」「快適」な理想の住まいを、つくり上げていきたいと考えています。人と犬・猫とが共生する環境を築ければ、より多くの愛犬・猫家の暮らしを一層豊かなものに出来ると確信しております。
愛犬・猫家住宅
愛犬・猫家の立場で考え、建築の専門家として快適な住まいづくりを応援していきます。さらに当社代表岡田栄治は愛犬・猫家住宅コーディネーターの資格を取得しており、愛犬・猫が健康で安心して過ごせる住まいづくりの適切なアドバイスを致します。
愛犬・猫家住宅「お悩み相談室」
床のすべり

今、ワンちゃん・ネコちゃんに関節疾患が急増しているようです。

股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアなど、
最悪の場合歩行不能になってしまう怖い疾患です。
これらの疾患のほとんどが先天性によるもので、飼い主としては様々な対応策を考える必要があります。対応策の一例として下記の事柄が挙げられます。

◆段差の昇降はさせない
◆適正な体重を心がける
◆過度な運動を避ける
◆急激に身体を捻る動作をさせない
◆愛犬・猫に適した床材を採用する

キズ・汚れ

室内飼いの際に、多く寄せられるキズ、汚れの箇所と原因について

◆テーブルやイスの足をガジガジ噛んでキズだらけに
◆床表面に残る爪キズ
◆壁に身体を擦り付けてできた汚れ
◆フードや水飲みの際に飛び散った食べカスなどの汚れ
◆おしっこや便による汚れ染み

ニオイ
飼い主には気にならない(愛おしい?)ものの、お客様がお越しになったら一番気になるのが愛犬・猫のにおい。

においを緩和させるための注意点は

◆においの発生源の確認
◆定期的なシャンプー(月1~2回が目安)
◆体臭を軽減するサプリメントやフード
◆犬・猫の被毛に直接吹ける消臭スプレー
◆空気清浄機の採用
◆においを低減する建材の採用

※においの原因物質を「吸着」だけでなく、「分解」までできる商品を選んでみましょう。
においの発生源が口腔からの場合、内臓疾患を患っている可能性があります。皮膚から強いにおいを発する場合には皮膚疾患が原因の場合があります。まずは罹りつけの獣医さんにご相談し、治療に努めましょう。犬・猫種によって、または犬・猫の年齢によって発するにおいの質や強弱に差が出る場合もあります。うちの子だけが特別臭いと深刻に考える必要はありません。最も効果的なのは、においの発生源を極力押さえる飼い主の愛情と室内の空気環境をキレイに整える空気清浄機や建材の採用と言えます。どんなに素晴らしい空気清浄機を置いても、においの元が絶てなければ効果は半減しますのでご注意ください。
また、ご自宅でシャンプーをする場合には洗う頻度にも気を配ってください。人間のように毎日洗い続けると皮膚に負担が掛かりますので、月に1~2回を目安にしてあげてください。
次に上げるシャンプー時の注意点としては「すすぎ」。お腹周り、脇の下、肉球の周りに洗剤が残留し、炎症の原因となることがあります。
あとはドライヤーによる乾燥です。
濡れたまま放置、高熱での強制乾燥ともに皮膚にダメージを与える恐れがあります。以上のことを十分に注意して、愛犬・猫とのシャンプータイムを楽しんでください。

空間
今の居住空間を人間目線ではなく、犬・猫の眼の高さから見直してみてください。
意外と天井を高く感じませんか?目先に危険なものはありませんか?
一般住宅の天井高はおおよそ2.4mと言われてます。
身長160cm~170cmの人から見た2.4mというのは
高くも無く低くも無く快適に感じる
天井高と言われておりますが、
目線の高さがわずか20cm程度の小型犬・猫から見たらどうでしょうか?
自分よりも10倍以上高い天井・・・人で例えるなら20mほどです。
まさしく体育館です。落ち着いていい子にしていてというのが無理というもの。
愛犬・猫が落ち着けるエリアとしてはまずは「天井が低いこと」。
本来、犬・猫科の動物は洞窟や洞穴で生活していたことからも狭く、
低い空間が落ち着けるというのも納得の行く話。
もちろん常に家族の存在を身近に感じられる箇所に設置するのもポイント。
また、寝場所の近くでは排泄をしない傾向があるようです。
排泄物から発するにおいで外敵に巣を見つけられるのを防ぐためです。
そのため、同じ室内にトイレを設ける際には、
寝床から最も離れた位置に設置してあげるといいかもしれません。
キッチンや階段周りも危険の多い場所。
玄関扉を開けた際の飛び出しなども考えられます。
立ち入りを制限するためにもゲートなどの設置を心がけたいものです。

楽しくない家はもったいない
岡田工務店とは
工務店というブランド
誇りとプライドをもった者たちがつくりあげる逸品

多くのプロフェッショナルが作りあげる家

ハイレベルでセレブな構造

広島に合った気候でその場所にあった家を作る

DIYをしながら一緒に家を建てていく

遊家
遊家
 一般的に提案されている家は、流行やおしゃれなイメージを優先させる傾向が多く、不要な空間や不必要な機能が取り入れられたり、高資材を使って高額な価格帯の家になったりする傾向があります。家を造り込むことに力を注ぐのも大切ですが、引っ越しして荷物を入れ、実際に暮らしはじめると、「家具を入れたらイメージが変わった…」、「シンプルな対面キッチンにこだわったのに小物が増えすぎて…」、など理想から現実に変わったことで様々な問題が発生。そこで『遊家』は、最初の時点で必要最小限の予算を投入し、住人の経年変化に応じて発生する問題点に合わせて造り替えていくという「成長型スタイル」をコンセプトとした、楽しい家づくりを提案しています。
「遊家」の家づくり、そのメリットは?
なんといっても省コスト

洗面、トイレ、キッチン、などの消耗品には
利便性をとことん重視。
リビング、台所周りなど、利用頻度の
高い空間はしっかり造りこむ。
問屋・市場・ネットマーケットから
リーズナブルで、品質の高い資材を
直接仕入れる。
窓の位置や冷暖の効率性など、
省エネになる方法を取り入れる。

 必要なところには手も材もかけ、後からカスタマイズできるところははじめに検討し、先を見据えた長い目で判断。ローコストとは異なる「省コスト」という考え方で取り組んでいます。

家づくりは誰もが分かるよう丁寧に説明し、ロスの少ない流れを重視

経年変化に合わせてリフォーム。少しずつ形になっていく楽しみが何年も続く!

岡田工務店の家づくり
なんといっても省コスト
 経営者、管理担当者、職人がお客様と同世代なので、同目線でアドバイスをすることができます。資材は問屋や市場から直接仕入れるためコストを抑えられ、型にはまらない自由なバリエーションや、お客様が棟梁や職人たちと関われるというのも魅力です。携わる全スタッフが、「世界で一つのお客様の家」を、想いを込めて造らせていただきます。

修家
修家
 岡田工務店のリフォームは、新築住宅を作る上で必要な構造的ノウハウを生かし、少しでも家が長持ちする様確認しながら工事を進めて行きます。 岡田工務店のリフォームは、提案型リフォームです。知識と経験の中で得た情報を提供すると共に、ただ綺麗にするだけではなく「もっと使いやすく」をモットーに取り組んでいます。
修家の意義・・・

 お家を長持ちさせるためにはメンテナンスが必要となります。ヨーロッパでは後世に伝え渡す家づくりメンテナンスに力を注ぎながら生活しています。日本も時代変化と共にメンテナンスがリフォームと言う形に変わって来ました。お客様の生活の変化に応じて使いやすくする。そして一番大切なことはコンディションを保つこと、リフォームの7割は手作りで一人では何も出来ません。野球も役割を守り補う事で結束力が生まれ強いチームが生まれます。リフォームも知識豊富な技術者と各業者や職人とのチームワークで信頼と絆を持って、連携しながら作業を行っていきます。そうして培った経験を基に、家の状態や最適な工法を把握しお客様にきちんとお伝えすることによってトラブルを無くしご満足頂けるリフォームが実現出来ると考えております。

たとえば・・・
マンションリノベーション注意点・・・

・配管の配置を考え工法に注意しながらリフォームしないと近隣とのトラブルになってしまいます。
・照明は消耗品ですので、後々のことを考え交換し易い仕様や商品を選択しないと後悔してしまいがちです。

マンションリノベーション注意点・・・

一戸建てリフォーム注意点・・・

経年劣化してくる家の状態を的確に把握し、家に負担をかけないリフォームをしないと耐震性能が落ちてしまったという結果につながりかねません。こちらについては住宅会社が説明責任を果たす事が使命だと考えます。

一戸建てリフォーム注意点・・・

来家
来家
  • 室内にこもった空気を外に放出する棟換気システム
  • 省エネ効率がUPする室内断熱
  • 夏の熱の侵入を最小限に抑えるオリジナル遮熱構法
  • 施工中に室内の温度・湿度をこまめにチェック
  • 気密測定器を使い気密の状況確認
  • 計画的に心地良い風を取り入れる工夫
  • 岡田工務店が作る「来家」は事細かく材料や工法を厳選しています。
    これも省エネにつながっていると考えています。
    自然循環型住宅「来家」は
    機械や流行に囚われない未来も安心して
    住まえる家づくりをしています。
    愛犬・猫家住宅
    私たち犬・猫を飼う家庭にとって、犬・猫は家族の一員。
    子供や高齢者と同じように、私たちが守ってあげなければいけない大事な存在。愛犬・猫がいつまでも、健康で長生きすることを願い、限りある時間を共に楽しみたいと考えています。愛犬・猫ともっとも長い時間を過ごす場所が「住まい」。その住まいが、自分達にも愛犬・猫にとっても「安全で、安心して、快適に暮らせるところ」にしたい。その思いに応えてもらえる人を増やしたいと願って「愛犬・猫家住宅」を提唱しています。愛犬・猫との「安全」「安心」「快適」な理想の住まいを、つくり上げていきたいと考えています。人と犬・猫とが共生する環境を築ければ、より多くの愛犬・猫家の暮らしを一層豊かなものに出来ると確信しております。
    愛犬・猫家住宅
    愛犬・猫家の立場で考え、建築の専門家として快適な住まいづくりを応援していきます。さらに当社代表岡田栄治は愛犬・猫家住宅コーディネーターの資格を取得しており、愛犬・猫が健康で安心して過ごせる住まいづくりの適切なアドバイスを致します。
    愛犬・猫家住宅「お悩み相談室」
    床のすべり

    今、ワンちゃん・ネコちゃんに関節疾患が
    急増しているようです。

     股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアなど、最悪の場合歩行不能になってしまう怖い疾患です。これらの疾患のほとんどが先天性によるもので、飼い主としては様々な対応策を考える必要があります。対応策の一例として下記の事柄が挙げられます。

    ◆段差の昇降はさせない
    ◆適正な体重を心がける
    ◆過度な運動を避ける
    ◆急激に身体を捻る動作をさせない
    ◆愛犬・猫に適した床材を採用する

    キズ・汚れ

    室内飼いの際に、多く寄せられるキズ、汚れの箇所と原因について

    ◆テーブルやイスの足を
     ガジガジ噛んでキズだらけに
    ◆床表面に残る爪キズ
    ◆壁に身体を擦り付けてできた汚れ
    ◆フードや水飲みの際に飛び散った
     食べカスなどの汚れ
    ◆おしっこや便による汚れ染み

    ニオイ
    飼い主には気にならない(愛おしい?)ものの、お客様がお越しになったら一番気になるのが愛犬・猫のにおい。

    においを緩和させるための注意点は

    ◆においの発生源の確認
    ◆定期的なシャンプー(月1~2回が目安)
    ◆体臭を軽減するサプリメントやフード
    ◆犬・猫の被毛に直接吹ける消臭スプレー
    ◆空気清浄機の採用
    ◆においを低減する建材の採用

     ※においの原因物質を「吸着」だけでなく、「分解」までできる商品を選んでみましょう。においの発生源が口腔からの場合、内臓疾患を患っている可能性があります。皮膚から強いにおいを発する場合には皮膚疾患が原因の場合があります。まずは罹りつけの獣医さんにご相談し、治療に努めましょう。犬・猫種によって、または犬・猫の年齢によって発するにおいの質や強弱に差が出る場合もあります。うちの子だけが特別臭いと深刻に考える必要はありません。最も効果的なのは、においの発生源を極力押さえる飼い主の愛情と室内の空気環境をキレイに整える空気清浄機や建材の採用と言えます。どんなに素晴らしい空気清浄機を置いても、においの元が絶てなければ効果は半減しますのでご注意ください。また、ご自宅でシャンプーをする場合には洗う頻度にも気を配ってください。人間のように毎日洗い続けると皮膚に負担が掛かりますので、月に1~2回を目安にしてあげてください。次に上げるシャンプー時の注意点としては「すすぎ」。お腹周り、脇の下、肉球の周りに洗剤が残留し、炎症の原因となることがあります。
    あとはドライヤーによる乾燥です。
    濡れたまま放置、高熱での強制乾燥ともに皮膚にダメージを与える恐れがあります。以上のことを十分に注意して、愛犬・猫とのシャンプータイムを楽しんでください。

    空間
     今の居住空間を人間目線ではなく、犬・猫の眼の高さから見直してみてください。意外と天井を高く感じませんか?目先に危険なものはありませんか?一般住宅の天井高はおおよそ2.4mと言われてます。身長160cm~170cmの人から見た2.4mというのは高くも無く低くも無く快適に感じる天井高と言われておりますが、目線の高さがわずか20cm程度の小型犬・猫から見たらどうでしょうか?自分よりも10倍以上高い天井・・・人で例えるなら20mほどです。まさしく体育館です。落ち着いていい子にしていてというのが無理というもの。愛犬・猫が落ち着けるエリアとしてはまずは「天井が低いこと」。本来、犬・猫科の動物は洞窟や洞穴で生活していたことからも狭く、低い空間が落ち着けるというのも納得の行く話。もちろん常に家族の存在を身近に感じられる箇所に設置するのもポイント。また、寝場所の近くでは排泄をしない傾向があるようです。排泄物から発するにおいで外敵に巣を見つけられるのを防ぐためです。そのため、同じ室内にトイレを設ける際には、寝床から最も離れた位置に設置してあげるといいかもしれません。キッチンや階段周りも危険の多い場所。玄関扉を開けた際の飛び出しなども考えられます。立ち入りを制限するためにもゲートなどの設置を心がけたいものです。

    お問合せ・資料請求
    ページトップへ