ブログ

ホーム > ブログ > 1月 2018
ブログ
「寒波到来」広島注文住宅 広島リフォーム 広島工務店  投稿日:2018年01月26日

寒いですね!

 

天気予報では東京で33年ぶりの寒波と言っています。

 

ちょっと気になって私が生まれた広島の1971年から2018年の氷点下3度以下の最低気温を調べてみました。

 

1971年から日にちで考えると16815日で-3℃の日は29日でした。

 

その中で一番冷やされたのは

 

1977年2月14日‐7.5℃

 

1981年2月26日-7.5℃

 

1981年は3日最低気温氷点下-7.5℃付近があったみたいですが全く覚えていません

大寒と言われる時期があり、実際過去の最低気温を調べていくとすっぽり当てはまり

 

昔の人の知恵ってすごいなぁと感心します。

 

2018年1月20日頃から2月4日とさています。

 

正確に言えば

 

2018年1月20日PM12時9分らしいです。

 

広島の過去のデーターから見たら

 

1月11日から2月28日が要注意週間

 

ピンポイントで言えば

 

1月25日、2月4日、2月24日付近で氷点下-3.0以下のデーターが出ています。

 

夜は11時後半から12時頃から深夜2時から3時過ぎ

 

朝5時前~8時ごろまでが最低気温のピークが来ることが多く

 

夜おしっこに行きたくなる時間帯と言っています。

 

丑三つ時は幽霊が出るといいますが

 

空気が冷えて寝ぼけながらおしっこに行くからだと思っています。

 

夏の場合は本物かもしれませんけどね(笑)

 

夜の寒さは睡眠障害を促進します。

 

寝室温度管理をうまくすることで睡眠障害も防ぐことができます。

 

しかし、睡眠には熱放散も必要なので熱すぎず寒いのバランスが大切になってきます。

 

睡眠障害の私が個人的にいろいろ試した結果

 

室温的には個人差はありますが16℃から19℃ 湿度50%が理想(今は機械をつけていますが)

 

毎日お掃除している方は別ですがエアコンの風は見えないカビがたくさん含まれていすので

 

なるべく間接的に吹く方向にして必要に応じて必要ならばマスクをして寝ることをお勧めいたします。

 

日本人は食生活やストレスなど低体温が増えたためガンや風邪をひきやすい体質になってきています。

 

体温は36.5℃を以上を目指し温活をすることをお勧めいたします。

 

特に足温めることが体温を下げないコツです。

 

体温を上げることでの効果って本当にすごいんですよ。

 

 

昨年の終わりから温活を進めていますがこれって実感しています。

 

 

近頃、シャワー派が増えたのもありますが、やはりこれって問題があります。

 

 

お風呂のお湯は15分180Lたまります。

 

 

シャワーを仮に15分使い続けるとお風呂一回分の量になります。

 

 

私は低体温で朝と夜お風呂に入っていますが、入浴前と入浴後の体温さは大きく

 

 

寝起き入浴前の体温35.1℃20分の入浴後36.6℃まで上げることができます。

 

 

 

 

主任はシャワー生活をしていますが今季2回インフルエンザにかかりました。

 

 

原因はそれだけではないと思いますが、近頃若い世帯での家庭内でもシャワーで済ます家庭が多く

 

 

病気になりやすい原因の一つではないかと考えています。

 

 

そもそも、外国人の平均体温は37℃近くで日本人より1℃近く高いといわれています。

 

 

シャワー文化は体温の低い日本人の体質には会っていないのかも知れませんね。

 

 

さて、長野県長寿命の要因を調べると参考になる情報がたくさんあり

 

 

面白い内容がたくさんあり参考になります。

 

 

減塩、野菜摂取量、ミトコンドリア、発酵食品 など

 

 

不健康なのに健康マニア的な私にとってわくわくする情報です(笑)

 

 

家づくりの基本は「人の命と健康と財産守る」

 

 

私自身が人体実験のモルモット

 

 

ただいま、健康と体温に取組中

 

 

食と体温など温活を楽しんでいます(笑)

 

ページ先頭へ
「阪神淡路大震災から23年」広島注文住宅 広島リフォーム  投稿日:2018年01月17日
神戸震災23年
 
人は痛みとか辛さとか
 
その時の空気間とか
 
年が経つたびに忘れていきます。
 
だけど
 
経験は体の中に刻まれています。
 
23年経って感じること
 
技術進歩やたくさんの防災グッズや道具が出てきました。
 
スマホやライン伝達AIやIT技術が進歩し便利になった反面
 
もしそれらが使えなくなった時
 
一番大事な事は
 
人と人とのコミュニケーションや助け合い
 
「お互い様、助け合いの心」
 
ニュースを見るたびに「お互い様」という
 
言葉が「薄れてきているのかなぁ?」と
 
感じることがあります。
 
 
ボランティアの活躍する表のニュースの反面
 
裏は本当にグロい話もたくさんありました。
 
「お互い様の心」が薄れている人の暴走
 
技術の進歩や整備だけでは乗り切れないことです。
 
自治体や地域住民の交流や活動を活発に行われ
 
人と人とのコミュニケーションがとれている
 
地域とそうでない地域とでは震災時の幸福度差の
 
激しい現実を目の当たりで見ました。
 
 
 
 
 
現在、国際化が進みアジアそして諸外国の人々が
 
来日生活しています。
 
都会や外国人が多い地域で災害が起こった時
 
「どうなるのだろうか?」と思うことがあります。
 
文化の違う人々が自己主張し始めたとき暴動したら
 
治安が統制取れなくなります。
 
 
 
日本人及び来日する方々にも「お互い様の心、助け合う心」
 
自分を含めもっと学び広めないといけない
 
 
 
技術の進歩も大事ですが
 
行政が嫌がる都会型災害裏側の問題点を
 
もっと話し合い準備する必要があるなぁ~と思っている
 
今日この頃です。
 
 
利便性も大切ですが
 
その点も考えて居住地を考える事も幸せな生活につながる
 
神社やお寺、商店街や町内会の役割が年々薄れて来ていますが
大切にしないといけない日本文化なんだなと改めて思います。
 
ページ先頭へ
「寒冷地仕様」注文住宅、リフォーム 投稿日:2018年01月11日

寒い

 

今季最強の寒気

 

毎年寒気が訪れますが

 

ある程度決まった時期にやってきます。

 

過去10cm広島で雪の積もった気象庁データーデーターを見ると

 

 

1/8~1/31

 

2/9~2/18

 

 

期間が多く1984年26cmが最高ということです。

 

 

といっても広島は場所によって気象が全く異なっています。

 

 

「広島」の気象データーはどこでとっているかご存知ですか?

 

天気予報で温度や積雪量の差を感じ

 

昔調べたところ、広島市上八丁堀6広島地方気象(合同庁舎の中にある庭)に設置しています。

 

 

 

海抜4mの場所  標高9m

 

弊社は海抜6m  標高8m?なのでほぼ同じ位置になります。

(多少数字が合いませんが海抜は災害災害時関係に使われるので標高を活用しています)

 

江波山

 

標高11m(観測機械は屋上にあるので17mくらい)

 

その場所での気象状況なのでデーターが広島によって違うのも当たり前

 

広島市の平野部と山間部の場所によって気温や気候が違うので

 

その場所場所の状況で検討する必要があります。

 

標高差100mで0.6℃の温度差

 

広島の観測所を0として標高を考えるとその地点の大体の気温が出てきます。

(風向きや建物、雲の流れで体感的に変わりますけど)

 

例えば

 

春日野 

 

標高177メーター 気象庁データー広島より-1℃

 

こころ

 

標高236メーター 気象庁データー広島より-1.32℃

 

単純に標高だけどもこれだの温度差がありあと

 

北風や寒気の入る方向に加味されると体感温度的にもっと冷えることになります。

 

 

広島は住宅地において街中と山間部の温度差は半端

 

 

それに風が加わると大きく変わってきます。

 

 

家づくりもその場所その場所において注意していく必要があるのです。

 

 

近年、住宅においてエアコンの室外機のようなヒートポンプユニットなどが

 

 

たくさん生まれHEMS、ZETHともにたくさん使われるようになりました。

 

 

この機械は寒い状況に弱く性能が低下することや4℃から凍結装置などが作動します。

 

 

新しい団地ならばよいですが古い団地の新築やリフォームなどでオール電化による深夜による

 

 

騒音トラブルになることがおこることがあるので注意が必要です。

 

 

機械的にエコキュートの場合

 

一般使用 -10℃~43℃

 

寒冷地仕様 -25℃~43℃になっています。

 

 

過去、気象庁広島において最低気温 1963年に-8.3 1977年-7.5 1981年-7.5

 

 

過去10年は-4℃を下回っていませんが建物の方位によっては

 

 

観測地広島で-4℃以下になる日数は10日位あるので

 

 

標高の高いところは凍結防止装置が稼働している日数が多くクレームになります。

 

 

過去エアコン、ヒートポンプなどのクレームがあった場所をみると標高100m付近の物件が多く

 

 

その場所は機械設置を注意して行う必要があります

(特に北側)

 

 

それと道路が北入り玄関先や北側浴室などは

 

 

いろいろと配慮することが必要になってきますので(マニアックですが)しっかり検討してもらい

 

 

新築やリフォームをすることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
1 / 212
お問合せ・資料請求
ページトップへ